FC2ブログ
密かに民生さんとCoccoさんのコラボを願っているアラフォーです。存在の耐えられない軽さ。ww
だめ、絶対。
2016年08月20日 (土) | 編集 |
目に余る行為ってありますよね。

先日、とある大きなショッピングモール。
近くに大きな本屋さんが無いので、たまに物色に行く。
渋滞の波にもまれて少しイライラしながらも、到着。
本屋さんに。
目当ての雑誌を探して右往左往。
その雑誌が置いてあるとおぼしき棚の前。
中学生くらいかなぁ…、かわいい女の子二人組。
雑誌を片手にきゃっきゃっとはしゃいでいる。
そこまではいい。
もう片方の手にはスマホ。
ん?
ひとりが雑誌を開き固定し、
もう一人がその上からスマホをかざして…。
シャッター音は聴こえないけど、明らかに写真撮ってる。
雑誌をとっかえひっかえしては、悪びれることもなく笑いながら。
レジからは見えない場所なので、遠慮なくデジタル万引き。
帰り際に店員に報告しておいた。
店員がすぐ向かってくれたけど、もう本人たちはいなかったかも。

そういうウチも、立ち読みしてますけど…。

そして、先日。
ウチのベランダから窃盗を目撃。

夏の暑い朝、ベランダに洗濯物をもって出た。
まず鉢植えの花たちに水をあげなければと、水道をひねり
熱くなった水を少し放流しながらふいに目に入る風景。
その日は市の廃品回収の日で。
各家から古新聞・古雑誌が玄関前に。
おむかいさんの家の前に自転車に乗った男性。
ひょいひょいとそのおむかいさんの古新聞を自転車の
前かごと後ろの荷台に乗せられるだけ乗せる。
あれ?これから市が回収車で回ってくるのでは?と
いぶかし気に考えてる間に自転車はふら~っと行ってしまった。
そのあとすぐ、市の回収車が
他の家の新聞古雑誌を回収していった。

あ、あのおっさん泥棒や。
頭から水かけたらよかった。

そう思いながら、洗濯物を干してたら…
何事もなかったかのように、
そのおっさんが自転車で舞い戻ってきた。
まじか?!と思いながら見てたら、
左右見渡しながら、獲物がないと悟り、
ゆうゆうと走り抜け抜けていった。
スマホ持ってたら、動画撮ってやったのに。

などなど、とにかく人のものは盗んじゃいけません。
盗られた方不快、
さらにそれを見てしまったこっちも不快。

いい結果など残りません。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
QLOOKアクセス解析