FC2ブログ
密かに民生さんとCoccoさんのコラボを願っているアラフォーです。存在の耐えられない軽さ。ww
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レポ 奥田民生2015年ツアー『秋コレ』10月28日(水) 神戸国際会館 こくさいホール
2016年03月14日 (月) | 編集 |
♪もーすぐはーるですねぇ…

秋コレレポです。
いつも通り、まったく音楽性のないレポです。

奥田民生 2015年ツアー『秋コレ』
10月28日(水) 神戸国際会館 こくさいホール


ちょうど何着ていこうか迷う気候の中、
最近定番の当日ドタキャンくらい、ぼっち参戦。
(神戸はユニ一回だけしか付き合ってくれてないぞ。)

とは言っても、余ったチケットはツイッターにて
拡散していただき、無事お譲りすることができ、
席に穴をあけることなくほっ。
感謝感謝です。

IMG_1530_ks.jpg
お馴染みの清水音泉さんののぼり。

現場について、無事チケットを渡し、
ちょうど開場時間だったので、中を散策。
ちょっと腹ごしらえの後、ホール内へ。

IMG_1529_ks.jpg

IMG_1533_ks.jpg

IMG_1532_ks.jpg
グッズ売り場

今回は一階9列目の通路側。
ステージに近いうえ、視界良好、
さえぎる物一切なし
そしてスピーカーが近いので、
久しぶりに終わったら
耳がわんわんしてました。

開演時間になり、主役登場

今回のツアー、「秋コレ」にちなんで、
メンバー+αがランウェイ?をモデル並みに歩く。

民生さんはいつもの青いハットにトレンチコート。
これがなかなか似合ってる。
すぐ脱いでましたけどね。白いシャツ?にジーンズ。
靴まで見てなかった‥。

メンバーそれぞれ登場してはランウェイを練り歩く。
湊さんは、かけてたサングラスを外して、プレゼント?
はにかみながら前列のお客さんと握手したり。
なかなか戻らない湊さんに「おーい」と民生さん。
てか、湊さん痩せた?最初誰?と思った。
派手なシャツ着てたけど、
ドラム前に座ったらすでにTシャツでした。

今回のパンフの表紙になってる
「マツタケコ」(結構デカい)さんは、
スタッフに支えられながらもランウェイを歩き、
演奏中は礼さんの後ろあたりで
ずっとステージを見守っておられました。

IMG_1893_ks.jpg
これは、ズムスタでお目にかかった時のです。
改めて見ると首絞められてる?


一通りランウェイ終わると定位置にて演奏開始。
ステージはシンプルな「RCMR」の
ロゴがバックにあって曲に合わせて
いろんな色が発光されてました。

メンバーMTR&Y
ボーカル&ギター奥田民生
/ドラム湊雅史
/キーボード斎藤有太
/ベース小原礼

<セットリスト>

★ 解体ショー

ツアーの歌です。大好きです。
あー、ソロツアーなんだなって思える曲です。

★ フリー

「OTカムホム」の曲はまだ2~3曲しか
聴いていないと思うのでもしかしたら初聴きだったのかな。
かっこいいです。

★ ライオンはトラより美しい

この辺から、有太さんのキーボードに異変が。
気になりながらも演奏は続く。
演奏終わり、喋ろうとした民生さんの後ろで
キーボードの調整の音がブチブチ鳴って邪魔をして。
有太さんの方を見て

「なになに?どした?」
「ごめんなさい、ちょっとトラブって‥
  ブチブチ言ってますが続けてください。

「あ、大丈夫ですよ、はい(有太さん指して)
  ブチブチ斉藤有太!」(
笑)

いつかのツアーでも、民生さんのギターのアンプが壊れ、
交換する間、踊ったり喋ったり場つなぎしてたこと思い出した。
ウチが行くライブはトラブルよくあるなー。
名古屋のフェスの時も、山崎まさよしさんの機材がトラブって
めっちゃ押したし。(余談)

★ E

★ チューイチューイトレイン

浜崎貴司さんBDライブ以来。
そう考えると、前のスパイスボーイズツアーでも
聴いたので、確率高いな。

次の曲になぞらえ、たばこのみの話。

「ありがとございます!次の曲はですねぇ…」
 「いつも演ってるカバーの曲です。」
 「最近、どんどん…減ってきましたよ…タバコ吸う人…」(
笑)

朴訥としゃべる民生さんの後ろで、ぷっかぁ~と煙が広がる。
みんなの笑いと視線で、民生さんが湊さんの方を振り向く。
気持ちよくタバコをふかす湊さん。

「そうそう、それですよ!」

「スモーキンブギ」のサビの歌詞を数え歌のように
指折りながら、口ずさむ民生さん。
数え終わって

「6本!一日6本吸う!…そんな暮らしができれば…

静かに聞き入るお客さんに、

「(照)そんな静かに聞く話でもないよ…」(笑)
 「ていうか、それが理想なんですよ、僕の」
 「目覚めに2服みたいな…
  それを肝に銘じて聴いてください
(笑)

★ スモーキンブギ

歌い終わって、

「この曲のサビ部分を息継ぎなして歌えない人は
  タバコを止めなさい!


民生さんからの忠告でした。
この辺から飛ばしていきますMTR&Y!

★ まんをじして

★ 音のない音

さわやかなメロディーだけど、
歌詞エロい。だから好き。
(暗黒の闇もそんな感じ。)

★ 海の中へ

軽快なメロディなんだけど、歌詞の方に注目すると、
この歌の歌詞は切ないぞー。心えぐられる。
「スルドクサイナラ」も似た感じのニュアンスを
含んでるような気がします。
めっちゃかっこいい演奏してるのに、ふと
歌詞を思い出して…てなる。

「フリーザー」の前、

「次の曲はですね、ま、僕の中では割と新しい曲…」

民生さんのMCを静かに聞く客。
思ってなかった反応なのか

「ほら、そんなこと言っても
  もう反応がないのよ…
(笑)
 「どうせ新しい曲なんか作ってないと
  思ってるんだろ?(笑)
 「…作ってないんだよねぇ。
(笑)

★ フリーザー

曲終わり、

「斬新なギターアレンジしてしまった、
  ギターソロで…わざとだけどね!


間違えちゃったんですかね
途中噴き出して歌ってたところあったような。

★ 息するように

★ ヘヘヘイ

この辺からまた飛ばします!激しい楽曲が続きます。
叫びます!うなります!弾けます!最高でした!

★ ギブミークッキー

ライトの演出が、ポケモンアニメ並みにピカピカしてて、
ちょっとくらくらしそうだった。

★ イナビカリ

★ 手紙

この曲も久しぶりだなーと
思いながら聴いていましたが、
途中のギターソロが圧巻!!
それもギターのクルクルコード
いっぱいいっぱいに右側の
お客さんにサービス!!
めちゃ羨ましかった。

この曲はウチの中では「悩んで学んで」と
「ハネムーン」とで“重低音三部作”と
勝手に銘打ってるんですが。
「悩んで学んで」は前のツアー
(ん?その前か?)で聴かせていただいたので、
次はぜひ「ハネムーン」聴きたいなぁ。

ギターソロ終わってステージ振り向いた民生さん、
コードを一生懸命抜けないように?
抑えてるスタッフに気が付き
(あ!すんませんねぇて感じで
笑いながら会釈してました。

演奏後、

「ターミオ!」(拍手)
「(ギターソロ)長い長いながーい!!
 「(メンバーに)早くやめてっ!!」
(笑)

ほんとに長かったー!ギターソロ。
でも、めちゃくちゃカッコよかったんだわ。
近くで見たかったー!

「長いわっ!何かいイチから出直したことか!」(笑)
 「筋肉使ったわー!

腕をもみもみしながら、メンバーに

「もういいっすよね?これピークじゃないですか?
「えーっ?!」
「(客に)えっ?今のがピークでしょう!

“もっとー!”とあおるお客さん。
そして男性の声で

「もう一回!」

うははっとばかりにちょっと後ろにのけぞり苦笑い。
しかし冷静に

「…演りません!(きっぱり)(笑)
 「馬鹿じゃないの?そんな同じ事2回も演らないよ。(笑)

S発動。

★ フロンティアのパイオニア

★ 最強のこれから

★ 風は西から

これは演るよね~と思いながら、ふと気づく。

そう、去年の今頃この曲は
THE BOOMがラストツアーで演ってたこと。
そして、それを聞いたのが
ラストツアー初日のこの会館だったこと。
一人で感極まって、目の幅涙で絶唱したこと。
そして、MIYAさんが「島唄」で泣きじゃくってたこと…
民生さん演奏中に何思い出してんねんと
自分に思いながらもいろいろな思いが
交錯しているのでした。
次回は純粋に民生さんの歌で聴きます…。

この曲のラストに銀テープ発射。

tepe_ks.jpg
アンコールで握りしめていたのでしわしわ。

ウチの数センチ前まで飛んでましたが、
腕を伸ばしても届かず。
ちょっとだけ前に行って、拾いました。(笑)
文字の入った特効テープは初めてで、嬉しかった。
絶叫でメンバー紹介する民生さん。

「イエー!マツタケコー!(笑)

演奏終了。
センターであいさつの後、
手を振りながら袖に去っていきました。
ちゃんとマツタケコさんも一緒に。

<アンコール>

やはり、時間がないのか5分もしないうちに
メンバー再登場。
もちろんマツタケコさんも。

時間押し気にする民生さん。
楽器いらいながら、

「やっぱりトラブルがあったんで、めっちゃ
  遅くなってますね…いつもより…

「ごめんね…めちゃ遅い?
「いや、めちゃ遅いってわけでもないか…
 「6時に始まったのかと思ったもん…」(笑)

ipad?見ながら礼さん

「でもそぉんな遅くなってないよ、
  ここに時間書いてあるよ。」

「お客さん帰れればいいんだよ。

「そ、帰れればいいし、遠くの人の面倒まで
  見切れないしね。」
(笑)
「遠くの人は泊まってもらうとか?」
「…有太さんの部屋に?」
「…いいっすよ!(拍手)
「狭いよぉ~(笑)

気を取り直して、

「アンコールありがとうございました。」
 「ちゃちゃっと演って終わるんで、帰り道
  気を付けて帰ってください…あ!そうそう!」
  今度広島のマツダスタジアムで演りますんで…」
  お願いしまーす」
(拍手)
 「だいぶ雰囲気も違いますけど…」
 「さみしーく(笑)演らないといけないんで…
  お願いしやす。」
(拍手)

準備しながら

「ほなっ!ありがとございますーっ(笑)

★ わかります

★ 御免ライダー

曲終盤のメンバー紹介

「小原れーい!斉藤有太ー!湊雅史ー!」
「奥田民生ー!」

マツタケコさん見ながら

「(笑いながら)マツタケコ!
 「ありがとー!!さーならー!!」


メンバー手を振りながら去り際、流れてきたのは
サッチモさん。
ほんとに好きね。

<ダブルアンコール>

アンコール終わっても、前日の京都で
ダブルアンコールがあったことを知ってる聴衆。
あきらめないです。
客電点こうが、館内アナウンス流れようが手拍子は続く。
そして、早々に出てきてくれたメンバーの皆さん。
うれしかったです。
この後、Wアンコは常態化したようですが。
スタンバイしながら、

「アンコールありがとうございます!」
 「実はマツタケコは労働法の関係で帰らなくては 
  ならないということで」
(笑)
 「もう出てきません。(笑)

実は年齢14歳というマツタケコさんなのでした。

「じゃ、もう一曲だけ演ります!」(拍手)

★ イージュー☆ライダー

Wアンコールの最後、礼さんが
五郎丸選手ポーズをアピール。
民生さんにもアピールするも、視線届かず。
やっと気づいた民生さん、
ちょっと照れながら礼さんに向かってポーズ。

最後の最後、袖にはけるとき、
民生さんはずっと上の席を眺めてました。
ちょっと羨ましかった。(贅沢か)

ステージ終了にて、電車に飛び乗るため
急いで通路へ。流れるお客さんに逆行する二人組が。
その一人は原田さんで「えっ」て感じでしたが、
そのままスルー。(当たり前。)

幸い神戸国際会館は、鉄道と直結しているので
スムーズに電車に乗ることができ、日付をまたがず
帰途につきました。

IMG_1534_ks.jpg

降りた駅の改札で、出口に引っかかってるサラリーマンが
無理に通ったため、後ろにいたちょっとガタイの良いお兄さんが
当然通れなくて、めちゃサラリーマンをにらんで
サラリーマンが慌てている様子を横目にしながら。
あのあとどうしたんだろう。(笑)


ここからはうろ覚えMC


三曲終わって最初のあいさつ。

「ども、こんにちは‥じゃなくて、こんばんわ」
 「奥田民生ですっ。」
 「よろしくお願いしますっ」
 「ご無沙汰してますっ」


語尾の「すっ」が関西弁のイントネーションを意識してた。(笑)

今回のツアーについて

「ソロツアーがすっごい久しぶりのような気がするけど…
 「何年振り?‥8年ぶりくらい?
(笑)
 「まだ礼さんが三十代のころじゃない?(笑)
「最近わかんないのよ、去年なのか一昨年なのか‥(笑)
「そうなんですよ…(笑)去年は演ってないよね?」
 「だから2年ぶりくらいかなぁ‥
  じゃ、そんなに“ぶり”でもないね
(笑)
「もう、そんなに先がないからね‥」
「えっ?いやいやいやそーじゃなくて‥(笑)
  あ、僕たちは先がある‥」

「君たちはあるよー。
「いやいやいや(苦笑)‥(礼さん指して)小原れーい!」

困ると名前叫ぶのは変わってない。

「そういう話じゃなくて、
  こういう長いステージは久しぶりというか」
 「最近はすっかり、そのワンステージ
  5曲くらい歌ったら終わりみたいな
  ステージが続いたんで」
 「今回はねぇ‥おびえてたんですよ、
  もうリハから」
(笑)
 「セトリ見ながら“(しかめっ面で)
  こぉんなに歌うのぉ‥”って。」
(笑)
「でも、もう昨日なんか慣れてたよね
「慣れてた?
「だって話めっちゃ長かったじゃん。」(笑)
「それは逆に慣れてない証拠ですよ。
  次なんだっけ?って考えながら
  喋ってるから長くなるんですよ

「そうなの?」
「今日もさぁ、(ipad睨みながら)
  “うわぁこんな‥8曲も歌うのぉ?”‥みたいな‥」
(笑)
「8曲どころじゃないよ

あまり反応しないお客さんに。

「うふ、いやそう言ったら客が
  “えー?”って言うかな思って(笑)」
 「そんな少ないんかい!て」
(笑)
「ABEDONみたいな。」

ウチは心の中で“少なっ”と
突っ込んでましたよ。(笑)
神戸だからかなぁ。

「かろうじて二桁は演るよ。(拍手)

有太さんのキーボードトラブル。

民生さんと礼さんがMCでつなぐ間も
後ろで有太さんの機材トラブルの
復旧が続くのを見て民生さん毒づく。

「(有太さんに)なに?ぶっ壊れた?
  そのぼろっちい機械…」
 「電池替えた?」

「今変えてくれてるの!」
「そもそも古いくせに、
  電池入れるってどうゆうこと?

「古いから電池入れるんだよ!

いつもの子供の喧嘩が始まる(笑)

ここで、民生さんがお客さんに
親切に機械の説明。
ウチは楽器ようわからんけど、
有太さんが使ってるのは
クラビネットという中に鉄の弦が入ってて、
ギターのような
音色の出るキーボードだそうで。
(クラビノーバなら知ってるけど)
説明に感心する客に、不思議そうに有太さん

「知らないの~?(笑)
「知らないよ!シンセしか知らないよね。」(笑)
 「てか、シンセでいいんじゃないの?
「それを言ったらさぁ~…(笑)
「それ言ったら、俺もコンピューターの
  プラグインでいいんじゃないって話か。
(笑)

そして、おもむろに自分の後ろに
積んであるアンプを見て、

「だって、これなんてハッタリだからさ」
 「(大きさのジェスチャーしながら)
  こんなにデカくてこんなにあるけど、
  音出てるのちょっとだからね。
(笑)
 「アンプの前にマイクついてるけど、
  これ嘘だから!」
(笑)

というと、二段ついてるマイクの
上段のマイクをコンコンと叩く。
全然音が反響しない!(笑)うれしそうな民生さん。

「バラすんじゃない!

下のマイクをたたくと、ちゃんと音が出てる。
客がなぜか「おおー!」と感心する。(笑)
上のマイクを再びたたく、やっぱり響かない(笑)

「ほんと見る人が見ればわかるのよ。
 「明らかに上のマイクが見た目が安いのよ。
(笑)
 「あ、これは嘘だなと。だったら上も下と同じ
  見た目にしろよと。」
(笑)
 「あからさまに嘘のマイクじゃないこれ。
 「谷やんとかにもすぐばれてるよ…

「(笑)個人名を出すんじゃない!

谷やんて誰?
いろいろ暴露話ありつつ、まだまだ有太さんの
機械が治らない?有太さんに

「まだ治らないの?」
「原因はわかった!
「電池だ!
「電池じゃない!アンプの方だった」
民「アンプ?」
「そう、だから復旧しますんで、もう少し喋ってて(笑)
 「久しぶりだから、民生の話聞きたいよね?(拍手)

と有太さんからまたバトンが。
仕方ないとばかりに、
お客さんの方を見ながら、

「まあ、確かに歌うのもおびえてたけど、
  話すのも難しいのよ…


と悩む民生さんに、礼さんの助け舟?突然

「最近なんか映画観ました?」
「えっ?!(突然の質問に)うははっ」(笑)

ウケた時は少しのけぞって笑う民生さん。

「あー、見た見た。最近見たのはぁ…」
 「『メジャーリーグ3』!」
(笑)
「民生はね、映画全然見ないんですよ。
  『スターウォーズ』見たことないって言うの。」
 「でもこないだ見たんだよね?…」


すみません、ウチも見たことありません…。
見たことないのー?という空気に、

「えーっ?て…俺が映画に詳しいこと知らない?(笑)

しばらくしてひずんだ音が有太さんの方から。
「ん?」て感じで民生さんが音の方を振り返ると
みんなの視線を感じた有太さん、申し訳なさそうに

「ごめん、もちょっとしゃべってて(笑)
「あ、大丈夫よ。ただ、その…
  さだまさしさんみたいにずっと喋ってれば
  いいっていうものでも…」
(笑)
 「きっと、しゃべり続ける人って、こういう“間”が
  怖いんだと思うんですよ。」
 「俺、こういう空気大好きだから!全然平気よ。
(笑)
「じゃ、しばらく喋らないでいる?」
「うーん…このまま帰っていくっていうのあり…(笑)

と、視線はマツタケコさんに。

「ちょっとマツタケコにも喋らせる?」
 「(マツタケコに)なんか言ってよ!」


とふる。礼さんがマツタケコさんに
耳をそばだててふんふんと聞いてるふりをする。
それを見て民生さんが「親分か!」
とツッコんだんだけど、親分てなに
一通り、聞き終えたらしい礼さんに

「なんて言ってるの?」
「…それ、エアロスミスやろ!って…」

会場も民生さんも頭の上に???マーク。

「(うれしそうに)懐かしくない?

一生懸命思い出そうと苦悩の顔をしながら、

「(困った顔で)ごめん、それわかんない(笑)」
「あの…俺もフルネームが出てこない…

お客さんからそのネタのお笑いコンビの名前が飛ぶ。

「あ!そうそう、それそれ!
「なに?グループなの?」
「グループっていうか、お笑い芸人で…
  一人お爺ちゃんの恰好しててぼそぼそ話してて…
  結構好きだったんだけど…」


思い出したのか民生さん。

「あーーー!…」

けどこの空気、どうしたらいいのという感じで礼さんを指して

「…小原礼!」

と紹介。
ウチも全く分からなかったので
“それエアロスミスやろ”で
ネットで検索かけてみた。これだった。


ウチは結構ウケた。

そうこうしているうちに、

「(満を持したように)お待たせしました!

有太さんの方振り向き、

「おっ!(拍手)…明日からシンセか?」(笑)
「(申し訳なさそうに)お待たせしました本当に…」
「ここで時間使っちゃったんで、
  後はサクサク行きますので…」
 「…まぁ…でもすでにこの3曲で
  心つかんでますから!
 「このまま帰っても満足でしょ?」

「えーーー!?
「わかりやすいでしょ?」
 「良かったよねー!最初の曲と、
  真ん中の曲と、最後の曲!
(笑)
 「あの、中盤の曲とオープニング?そして、
  最後の曲よ!(笑)」

「3曲しか良くなかったの?(笑)


指につけるスライドバーの話。

ギター弾くときに指につける銀の筒…
なんていうかわからなくてネットで調べました。

80-680005100_m.jpg

スライドパーって言うんですね。
スライドギター奏法に使う。勉強になります。

演奏後、指にはめたスライドバーいじりながら

「中指、痩せたかなぁ…」
 「これ付けると痩せるんですよ、指が。」
 「松浦(義博)さんなんて(中指触りながら)
  中指ほっそー!ってなってる」
(笑)
「だから個人名は出さないの!

しげしげと指を見つめながら、

「ダイエットしたい人は是非、五本全部つければ…(笑)
「親指は、抑えられなくなるから止めといた方が…」
 「4本くらいで…」

「4本?……(指動かしながら)シザーハンズみたいやん。
「話長くなるからやめよう」

話が長い?

何曲か演ったとき、有太さんの
機材トラブルの時間の分
押してるのではと気にする民生さん。
楽器いじりながら、

「やっぱり、いつもより
  時間押してんのかね…」

「あ!すみませーん…

後ろから申し訳なさそうな有太さん。

「いやいや…別にいいんだけどさ…」
「昨日(京都)の長かった話と
  同じくらいじゃないの?」

「え?昨日、そんな長かったっすか?

本当にそんなに長かったんですか?
行きたかったなぁ。

「すいませんねぇ…慣れてないから
  喋るとかそういうわけではなくて…
  次の曲の準備にあれ使うとかこれ使うとか…
  結構めんどくさいんですよ。

「見たらわかるよ、めんどくさそーって」(笑)
「(客に)そんなのどれ使っても
  一緒だと思ってるんだろ?」
(笑)
 「さっきからギター何本も変えやがってと
  思ってるんだろ?」
(笑)
 「自慢しやがって!とか…(笑)
 「いろいろあるんですよ…
  この曲のナイスなサウンド出すには
  このギターとか…
  ピックまで替えてるんだよ!
(拍手)
 「それがプロというもんだ!(拍手)
 「俺はこう見えて…ちゃんとしてるんだよ(笑)」
 「ちゃんとしてないのは、テクニックだけです
(笑)
「そんなことないよ。」
「テクニックを追及する人は、
  他人に任せる人もいるでしょ?」

「…はっ?(笑)
「いないか…」(笑)
「でも(ギター)1本で演れって
  言われたらやるでしょ?」

「(得意げに)演るよ。」(笑)
 「でも1本で楽し気に演っても、
 お客さんは何が違うの?って感じでしょ?」
(笑)
 「どんだけ俺のやってることは
  甲斐があることなのか…とか…
  もうどうでもよくなってきたわ、次の曲行こう…」
(笑)
 「あ、でもおかけで、
  踏み忘れてたやつ思い出した…


と足元の機械を操作してました。

メンバー紹介

アンコールの時かな?民生さんがメンバー紹介

「はい、斉藤有太!」(拍手)

下を向いてごそごそしている礼さんを指して

「ゴミを拾う小原礼!」
「ゴミじゃないよ
  立ち位置のマークがはがれて…」

「あ、バミリがはがれた…
  それ拾って貼りなおす…小原礼!
(笑)
 「ドラムは湊雅史!」(拍手)

民生さん紹介時、礼さん

「ギター&ボーカル、吉井和哉!」

「うははっ(笑)

それ受けて、何か弾こうとした民生さん、
しかしおもいとどまって

「演らないよっ!(笑)
 「こないだちょっと演ったらねぇ…
  すーぐ本人のもとに情報が行ってたよ。」


吉井さんのまね?で

「“コントに使うんじゃなーい!”って」(笑)
 「コントじゃないけどさ…(笑)」
 「ていうか、もうすぐチクるやつがいるんだよ!」
 「誰だこの野郎!チクるんじゃないっつーの!」


最近のSNSの脅威ですな。

カープの話

どこかのMC中にお客さんが

「カープ残念だったね!」

と声をかけると、

「あはは…カープの話はもういいよ…

と寂しげに笑いながらうなだれておりました。
悲しそうでした。(笑)

これくらいかな?

今回は、結構ギター抱えてステージ前まで出てきてくれて、
しかも民生さん側だったので、とても堪能できました。
ピックは2~3枚しか飛ばしてなかったような。

そんな感じの秋コレウチの第一弾でした。
そして、大阪に続きます。
いつ書き上げられるかは未定です…。夏かな?


駄文乱文、最後までお付き合いありがとうございました。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。