FC2ブログ
密かに民生さんとCoccoさんのコラボを願っているアラフォーです。存在の耐えられない軽さ。ww
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レポ OTODAMA’14 ~音泉魂~ 2日目 9/7
2014年11月12日 (水) | 編集 |
まだ書くよ(笑)

9/7 OTODAMA’14 ~音泉魂~ 
 泉大津フェニックス 2日目

BqOMZ26CEAAKmqU.jpg

※ウチが見たモノ中心でお送りします。

前の日の不安定な天気が嘘のようなピーカン日和。
いつもの通り、駐車場に車を止めるのだが、
入浴口から一番遠い場所…。

2014oto_04.jpg

ぶーぶー言うツレとともに、入浴口に向かう。
アドバルーンが高々と上がる会場に近づくと、
音泉さんのいつもののぼり。

2014oto_10.jpg

入ってすぐ、グッズ売り場があって。
ウチらが付いたときは、筋少やトモフさんのグッズに行列が。

2014oto_11.jpg

もうシート場所は埋まりまくりで、超遠いけど、

2014oto_24.jpg
真ん中の黒いのが大浴場ステージ。

大浴場が一応望めるかなり後方の場所で、真後ろに露天風呂のステージ。

2014oto_18.jpg
塀の向こうが露天風呂ステージの屋根

到着したとき、大浴場がポリシックス 露天風呂は赤い公園が演奏中。
赤い公園は始まり時、何故か森山直太郎がかかってた。

着いて早々、ビールをご所望のツレ。
買いに行ったけど、紙コップ1杯ご、500円…。

2014oto_19.jpg

そんなこんなしてる内に、露天風呂で真心ブラザーズの入浴が近づく。
見に行きたいけど、ツレが戻らずシートから離れられずどうしようか
思案中、ま、横から見るかと諦めていたら、ツレが戻ってきた。
赤い公園が終わって暫く経ってたので、
どれくらい人居るか露天風呂覗いてくると言って向かったのだけど、
全然余裕で前に行けて、桜井さん側2列めくらいの位置。

2014oto_27.jpg
開演前。

ええ!?こんな前で見て良いの?て恐縮するくらい近かった。
演奏始まる頃には、ふくれあがっていたみたいなのでラッキーだった。
結局ツレに、このまま居るわと連絡して、しばし待つ。

★真心ブラザーズ

blog_photo_3.jpg
温泉風呂具より。

リハ中、色々な人が顔を出す。
ドラムのリハをしていたサンフジンズの伊藤大地さんは
真心のサポートメンバーだったわと思い出した。
左袖からSMA原田さんが出てきてた。
一部の客がざわついていた。(笑)

左の袖からお二人登場、ウチは桜井さん側。
カラフルなシャツのKINGさん。
二人とも、日曜日のお父さんな感じ。
特に喋ることなく、演奏開始。

◆空にまいあがれ

おう!いきなりこの曲!知ってる曲(笑)
一緒に歌いましたー。
民生さんのも良いけど、やっぱKINGさんのも良い!
どの曲の時もそうでしたが、
KINGさんはよくこちら側にも来て歌ってくれました。
あと、左の空に飛行機が飛んでいくたびに、
歌いながらチラ見するKINGさん。

◆Sometime時々

「オトダマー!真心ブラザーズー!」

なんとなく、さびの部分とかは聴いたことあるくらいの曲。
うちに帰って歌詞を検索して、こんな歌詞だったのかと
最後の歌詞が、

♪Hot fun in the オトダマ… time

になってましたよ。

◆マイ・リズム

この曲の前、真ん中くらいお客さんが一際大きな声で、

「くらもちさーーーーん!←男性です。

と叫ぶ。客もステージもウケる。
KINGさん、水分補給しながら照れ笑い。
そして声の方向に向かってマイクをつかみ

「俺より目立つんじゃない!」(笑)
 「…じゃ、次の曲は君にだけに贈ります!」
 「マイ・リズムを君に贈ります!

「ありがとー!」

てなやりとりが。
タイトルで思うより、結構ヘビーな曲だった。
ハモニカ吹いてたのはこの曲だったかな?

◆愛

すみません、こちらも存じ上げない曲で。
ヘビーな曲が続きました。
桜井さんの唸るギター!
こんな近くで見られるなんて!
間奏中、KINGがそれぞれのメンバーの名前を叫ぶ。
「ハルー!」と紹介されたベースのその人が、
O.P.KINGのハルさんだと言うこと知ったのはその時。
確かにO.P.KINGのTシャツ着てました

◆I'M SO GREAT!

「桜井秀俊ー!
「ボーカルはYO-KING!

とエールしあった後、KINGさん。

「桜井秀俊は日本一もてる男です!俺は2番目!

恐縮する桜井さん。

「一番と二番で、バンド演ってまーーーーーーーーす!!」(笑)

爆笑の後、

「言いますねー!
「いやいや、だってアンタ一番ですよ!絶対そうですよ!
「ありがとうございますぅ
「だから、次の曲はいっちばんかっこいい桜井見せて!
 「オトダマにぶつけてやって!」
 「一番かっこいい桜井ぶつけろやーーーーーー!」

「じゃ、かっこつけて弾きます!I'M SO GREAT!」

全身で、ギターを演奏する桜井さん!
途中、頭振りすぎて帽子飛びました。

♪GO!GO!とか逃げろ!逃げろ!という歌詞がが印象的な曲。
♪I'M SO GREAT! を繰り返すところで、最後の方では
桜井さんの近くでKINGが叫ぶ♪桜井 GREAT! に変わってました。
それに答える桜井さん、何回もジャンプを試みる!
それ見てKINGさん、

「俺、笑って歌えなくなるから!」

全身全霊をかけたギタープレイに曲終わり、桜井さんに

「最後のジャンプはマジの方だよね?
「マジですよ!ヒラメ筋が痛い…
 「一応、絶賛発売中のシングルなんだけど…
 こんなんで良いんですかね?

「まあまあ、大丈夫、大丈夫ですよ。

そして、最後に

「オトダマグレイト~!!最後にもう一曲~!
 「ENDLESS SUMMER NUDE~!!盛り上がれーーー!!」


◆ENDLESS SUMMER NUDE

お、最後に知ってる曲だった。
やっぱりKINGの声が良いなぁ。山ピーには悪いけど。
手の横振り、頑張ってやりました。
最後まで、こっちの方に来て歌ってくれたKING。
嬉しかったー。

「どうもありがとー!
「楽しんでってください。


で、袖に履ける。ウチもシートに戻る。
演奏中、真心のステージ袖でサングラスかけて
斜に構えて見てる人が居た。
後もう1人、袖で途中からノリノリで熱唱している若者が居た。
スタッフではなさそうだった。アーチストさんかな?

そうそう、なんかの曲の途中でステージと客の間に
柵超えて乱入者あったらしく、連行される際に
ウチの前を通り過ぎて、
乱入者・スタッフともにウチの足を踏んでいった…。

シートに戻って、まどろんでいたところに、筋少のステージが始まる。
金髪のギターの人が、クルクル回りながらステージに登場したのは
遠目からでもよく見えた。スカートみたいに綺麗になびいていた。

★筋肉少女帯

act_7793_2.jpg
温泉風呂具より。

◆イワンのバカ

聴いたことあるかなぁ…くらいの曲なんですが、
初っぱなから激しい!さすが筋少!
遠目ながらも、楽しんでました。
ただ、遠すぎてスピーカーの音が風に流されたりして
聴こえたり、聴こえなかったり…。
シートで見てる自分が悪いんですけどね。

オーケンのMCで、メンバーを指しながら「この人もうすぐ50だから」とか
グダグダ言いながらも。

「エビバディ!今日の筋肉少女帯は…最初に言っとくぜ!
 絶好調だぜ!なぜならば…テレビが入っているからさー!!
 「『日本のほほん化計画』という番組で、このライブが
 オンエアされるんだぜー!
 「オトダマもなかなかのフェスだけど、BS12という、
 誰も見てないようなチャンネルで、しかも、
 筋肉少女帯の部分だけなんだぜ~!!」
 「大阪はノリが凄いと言うところを見せたいから、
 本当は知らない曲でもノってるフリしてくれ~!
 テレビなんだから~!」
 「俺たちをオアシスとか、ヨーロッパから見た
 滅多に見られないバンドと同じように思って!嘘で良いからさー!


もの凄い強気の物腰で、もの凄い腰の低いお願いするオーケン。(笑)

◆日本印度化計画
◆踊るダメ人間


この2曲は、一昨年(だったかな?)OTODAMAで大槻ケンヂさんが
テント(宴会場ステージ?)で弾き語りをしたときに、
演ってたのを初めて聴きましたね。
だから、ウチはその時、筋少半デビューしてた。
バンドとしての演奏を見たのは初めてで嬉しかった。
シート場所から、参加しましたよ。
腕振り上げて、一緒に熱唱してました。

そして、ウチがツレに
「オーケンさぁ、ももクロに曲提供してるんやで」
「労働賛歌やってくれへんかなぁ」と
喋っていると、オーケンが

「本邦初公開!」

と叫んで始まったのが、

◆労働讃歌

え?!本当に演ってくれましたよ!!ビックリした!
そして超嬉しかった。
(次に出るアルバムでセルフカバーしてるとか)
遠くてよく見えなかったのだけど、メンバー全員で
ラップパートボーカル&振り付けしてたようで。
前に行って見れば良かった。
でもシートから参加しましたよ。
この曲で印税が美味しかった的なMCしてたオーケン。

◆.釈迦

最後まで凄いステージでした。
あの後、裏で倒れてんじゃないか?ってくらい。
普段のオーケンからは想像出来ない激しい演目でした。

大浴場は民生さんの前がモンゴル800で、そろそろ
スタンディングエリアの場所取りしなきゃと重い腰を上げ、
シートも畳んで、いざ前進。
グレープバインさん目当てに露天風呂に向かう客に逆行しつつ、
大浴場へ、去年からあの位置だと決めている所に向かう。
しかし、やはりすでに確保されていて、
柵から1人挟んで2列目くらいをゲット。
幸い、ウチの前の人はウチと同じくらいの身長だったので、
ステージはよく見えた。

モンパチさんを待っていると、せわしなく動き回る女の子が1人。
どうしても、モンパチさんを見たいらしく、あっちこっちに移動しまくり。
そろそろステージが始まると言うときに、スタッフがこっちの方に
だーっと走ってくるから何かしら?と思ったら、
さっきまでウロウロしていた女の子が、
いつの間にか親にだっこされていてうちの隣に。
スタッフがその親子に、演奏が始まったら
人が押し寄せてくるかも知れないので、
気をつけくださいという忠告してた。
どうせなら、後ろの人のためにも
なるべく子供さんは抱えないでください…的な事も
言って欲しかったな、背の低い人間としては。
お子様は見えない見えない…とウロウロしたあげく、
最終的に前の人が柵前を譲ってあげてました。
あと、後ろに三~四人の男子連れが居て、会話が聞こえてきた。
モンパチ→フラカン目当てらしく

「ユニコーンて何人?」
「さあ?五人じゃ無かったっけ?」

という初々しい会話が。

★モンゴル800

mongol800.jpg
温泉風呂具より。

◆あなたに
◆PARTY
◆Oh Pretty Woman
◆OKINAWA CALLING
◆STAND BY ME
◆小さな恋のうた
◆DON'T WORRY BE HAPPY


一曲目が知ってる曲だと安心ですよね。
正直言うと、モンパチはキヨサクさんしか知らなかったのです、
ゴメンなさい。
もう1人のギターの人?は関ジャニの渋谷さんに見えた。
モンパチの時間は、夕陽が綺麗な時間。
キヨサクさんが夕陽を見ながら何度も「綺麗だ~」と言ってました。
去年はデビュー十周年でトリをとらせて頂いて嬉しかったと。
そして、OTODAMA10周年おめでとうございますと何度も言ってました。
あと、沖縄の言葉で客席に手を挙げて呼びかける。

「○●○(沖縄の方言)な人ー!←方言忘れた。ゴメンなさい。

と言って、挙手を求むもウチ同様客席のみなさんも「?」

「○●○って言うのは、綺麗な人という意味で…
 「じゃ、もう一度。○●○な人ー!!


何人か、手が上がってました。

「恋の歌」の時、真ん中当たりでお客さん何かしてたのか、
スタッフが、ウチの前くらいの場所から、
ずっと客席の真ん中当たりを凝視して
フェンス登ったり降りたり、最終的に乗り越えて、
どっかに向かっていった。
かなり気になって曲に集中出来ず。後ろの男の人たちも、
「あれは無いナー!一番曲の盛り上がりの所やったのに…」
と言ってました。同感同感。

モンパチ終わり、ユニ待ち。
モンパチの演奏時はまだ手を上げ下げする空間があったが、
ユニが近づくと、じわりじわりと周りがにじり寄ってきて、
最終的に半身構えなくらいの状態に。(足なんてモデル立ち状態)
モンパチ終わっても誰も動かず。(露天が人間椅子だったのも一因か…)
しかし、視界はちゃんと民生さんマイクを捕らえられたので、ウチも動かず。
ツレは入って来れなくて、後ろで鑑賞することに。

2014oto_32.jpg
モンパチ終演直後。ウチの視界。

ユニ帽子多かったなぁ、男女問わず。団扇も何人か持ってた。
ウチの後ろにいたフラカン待ち?の男子達も
「これ、ユニコーン終わったら、めちゃ人少なくなるんちゃう?」
「そうやな。」
と言ってた。

★ユニコーン

yuni.jpg
温泉風呂具より。

演奏前、スタッフが水をそれぞれメンバーの位置に置くのだけど、
しっかり民生さんのテーブルだけ黒ラベル配置。
ユニスタッフ調整中、青い光はFMSだなぁ、
カウベルはWAO!だなぁ、等々わかってしまう自分がこわい。

登場時のテーマは、どっかで聴いたことある曲だった。
あとで、ツイッターなどで知った情報だと、
プロレスラー・スタンハンセン登場曲だったとか。
メンバー登場…クルクルクルクル…
それぞれが、バレリーナのように両手を上げて
自分の位置まで、回転しながら移動。

◆KEEP ON ROCK'N ROLL

この曲からなんですねー、一発目から、

「オオサカー!!」

頂きました。
テンション上がって、一緒に歌ってたらふと気づく。
ぎゅうぎゅう詰めだから、他の人の声が凄く近く感じて
ということは、自分の声も当然他の人に大きく聞こえてるんだと
感じた瞬間、口パクになってしまった。
珍しく、民生さんが早々にステージギリギリまで出てきて
ギター演奏してくれて、逆光と人の頭がほとんど無いのとで、
凄く近く感じて嬉しかったー。
拳思いっきり上げましたー!

◆夢見た男

ニセンカズシさんオンステージ。
なんだけど、ウチから全くEBIさんは見えない。
イーガツアーのあの調子で、

「よしよしよーし!オトダマー!…」
 「たーのしー!


とか何とか言ってた。
間奏中の巨大フラフープも全く見えず。
といっても、結局民生さんをずっと見てたんですが。
盛り上がってることはわかりました。
フラフープ回し1回目終わって?
民生さんの視線はEBIさんに向いていて

「うははっ!はい!もーいっかーい!」

2回目チャレンジ後、

「はははっ!ハイ!オッケー!

お、OKが出た。
この曲の時はEBIさんが、
ハンドマイクでウチの前の方の位置に来てくれて
逆光で神々しく見えましたよ。
曲終わり、

「今晩わー!ユニコーンでーーっす!」

流れでメンバー紹介、EBIさん見て、

「EBIーーー!」(拍手)
 「EBIでしたー!」(笑)
 「(テッシー見て)ギターはテッシーでーす!」(拍手)
 「テッシーでしたー!」(笑)
「ありがとう!」
「(川西さん見て)ドラムは川西さんでーっす!」(拍手)
 「川西さんでしたー!」←はっきり言えてない。(笑)
 「(ABEDON見て)アベドンでーす!」(拍手)
 「…でしたーーー!」←投げやり(笑)
「OTでーす!」(拍手)
「ハイ!←宮尾すすむさんの真似しながら。(笑)
「頑張りましたー!

民生さん、やりきった感出しながら、

「ありがとうございましたぁ…
 「昨日とはうってかわって…天気って大事よね」(笑)
 「よかった…本当に良かった!


前日は、民生さんの出たステージは土砂降りだったんですね確か。
噛みしめてましたよ。

「終わりよければ全てよし…」
 「なので最後のバンドにかかって参りました!…お願いしますよ!」


と言って、袖の方を笑いながらチラ見する民生さん。
次のアクトが居たんですかね?

「今年も呼んで頂いてありがとうございます!」
 「全国のフェスの中でも…相当変わってると思いますが…
 「こっち(アーチスト)的には変わってないんですが…」
 「なんて言いますか…近い人ばっかりで。
 「お客さんもきっと、そう言うのが好きな人たちだと思って…

 「無事に十年が過ぎましたけど…いや、いい集まりだと思います(笑)
 「なのでどうか(OTODAMAを)続けさせてやってください…(笑)
 「清水さんがどんどん黒くなっていくんですよ…(笑)」
 「あ、こんな話してる時間もないので…頑張ります…(拍手)

◆.あなたが太陽

途中、♪濡れたフルーツ僕にもください~の川西さんのボーカルの時、
マイクの調子がおかしくて声が聞こえないハプニング。
というか、全体的にマイクの調子がおかしかったとツレが言ってた。
そしていつもの間奏中の民テシステップ健在。

◆WAO!

イントロでセンターに出てきたABEDON。

「イエーーーーーイ!

と煽ったと思ったら、“WAO!”の掛け合いの所、

「チェック、ワンツーーー!!」
「うはははっ!はい、アベドーーン!」
「チェック、ワンツーーー!!」

どうやら、前の曲の川西さんのマイクハプニングに引っかけてたみたいで。
ちゃんと声が通るかチェックしてたのかな?
間奏中、EBIさんが“WAO!”の所を“OTODAMA!”と叫んだので、
ABEDONも“OTODAMA!”ってコールしてた。
テシソロの時、前のステージまで来てくれた!
ライトが逆光になってかっこよかった!
♪文明よーの所、今日は最初からABEDONが歌ってた。
民生さん横目で〈あれ?自分で歌うの?〉って感じだった。

◆服部

大盛り上がり!しかも民生さん初っぱなから
ハンドマイクで目の前に来てくれた!
発狂です、発狂!!
今日のはより一層、力入っていたような気がします。
格好良すぎるダーティーフィフティー!でございました。
未だに、“ハッ”のタイミングを逃すウチ。悔しい。

◆Boys & Girls

激しい曲が続きます。
ABEDONの後ろで、民生さんとEBIさんが
仲良くステップ踏みながら演奏してた。
間奏の時、川西さん以外の4人がステージ前で立ったりかがんだりの
パフォーマンスするも、息合わず。最初2-2だったバランスが
終わり頃には3-1になってた。
二番入りに、川西さんボーカル時、それが目立つように
他のメンバー腰かがめながら定位置に戻る。
曲最後、

「セイ!エブリバディ!」

のあと、いつもは〈イエイ!イエイ!…〉と客と掛け合う所を、途中から

「ヨイショ!ドッコイショ!」

というかけ声に。

「アベドーーーーーーン!」


と民生さんが叫んだ後に事件が。

「オーケー!最後の曲でーーす!」
 「大迷惑~!!

「おーーーー!!
「(びっくりしたようにABEDONの方を見て)ウソつけー!!
「??」←戸惑い

ABEDONてへぺろ状態。民生さんマイクに近づき

「嘘ですっ←頭下げる。
「・・・

お客の戸惑いの空気の中、次の曲へ。
今年のフェス会場のあちこちで繰り広げられていたと噂の
“大迷惑やるやる詐欺”
ユニファン以外は期待しただろうなぁ。
いつもは民生さんだったのに、今回はABEDONがやるという。
さすがだ。(笑)

◆Feel So Moon

“ワレワレハウチュウジンダ”の所、
メンバー全員が個々で言ってませんでした?
曲終わり、

「ありがとー!おおさかー!ユニコーンでしたーーー!」

後ろで見ているツレの分もLEDブレス光らせましたよ。
ウチの視界でもわりと装着率高かった。
ツレの話だと、後ろの方で見ていてもまわりの人たちの反応も良く、
綺麗だという声があちこちであったみたい。

最後、袖に履けるとき、ABEDONがピックを二、三個遠くに投げる。
川西さんは、左側の客に出来るだけ遠くにドラムスティックを投げていた。

ウチの後ろの人は、ユニ演奏中ずっと腰バッグが
ウチの背中にバンバン当たってて…
隣の女性は、演奏中写メ撮りまくってた。テンション下がるわ。

2014oto_35.jpg
ユニコーン終演後。

全体通して、昨日はメンバーのテンションが高い気がして
特に、民生さんとABEDONは最初から笑顔が絶えず、
楽しそうな雰囲気に客がつられていたように感じた
民生さん、何の時だっけ?汗吹くのに、グラサン取ってた。
気持ち、民生さんのフットワークが全体的に軽かったような。
普段あまり前に来てくれない民生さんが、
結構来てくれて本当に嬉しかった。
ツレは、結局入って来れず後ろで見ていた。
周りはあまりユニには詳しくない人たちが多かったらしく、
あまり知らない曲ばかりで戸惑っていたとか。
それでも、一生懸命ノリに付いてきてくれていたらしい。
本当はツレは、フラカンが宇宙兄弟の曲をやるかも知れないから残ろうかと
言っていたが、結局時間的に無理だった。

もしかしてこれが今年最後の民生さんかもという、余韻を残しつつ、
(レディクレは行けないのでね…)
来年は、奥田民生として参加してくれるんかな?(三年ルールはどうなる?)
なんてことを考えつつ、スタンディングエリアを去り、
そして駐車場へと向かうのでした。

今年もとても楽しい、夏フェスでした。

2014oto_36.jpg

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
駄文・長文失礼しました。(._.)オジギ



Do Sing(初回限定盤)(DVD付)Do Sing(初回限定盤)(DVD付)
(2014/11/19)
真心ブラザーズ
商品詳細を見る

THE SHOW MUST GO ON【初回生産限定盤】THE SHOW MUST GO ON【初回生産限定盤】
(2014/10/08)
筋肉少女帯
商品詳細を見る

800TRIBUTE – champloo is the BEST!!-800TRIBUTE – champloo is the BEST!!-
(2014/10/08)
MONGOL800、奥田民生 他
商品詳細を見る

MOVIE28 / ユニコーンツアー2014 イーガジャケジョロ(完全生産限定盤) [DVD]MOVIE28 / ユニコーンツアー2014 イーガジャケジョロ(完全生産限定盤) [DVD]
(2014/12/17)
ユニコーン
商品詳細を見る


 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。