FC2ブログ
密かに民生さんとCoccoさんのコラボを願っているアラフォーです。存在の耐えられない軽さ。ww
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Cocco×劇団鹿殺し 舞台「ジルゼの事情」
2014年10月03日 (金) | 編集 |
こないだのTHE BOOMから約10日。

再び神戸に行きました。

新神戸オリエンタル劇場は初めてです。

jizuze06.jpg

jizuze01.jpg

Coccoさんのお芝居観てきました。

kojilze.jpg

千秋楽という事もあり、昼間と言うこともあり、ぼっち参戦になり、

そして、民生さんの股旅チケットも取れなかったこともあり。

色々な気持ちが胸を駆け抜けながら。

でもでも、Coccoさんに逢える。

それは本当に嬉しい気持ち。

jizuze03.jpg

jizuze05.jpg

約三年ぶりの生Coccoさん。

Coccoさんでお芝居というと、「KOTOKO」の衝撃はぬぐえませんが。

あんな激しいシーンはさすがに舞台では無いだろうと思ってましたが、

結構内容は、シュールで。

2階席の真ん中当たりの眺めの良い席で。

お芝居を観るのは、一昨年のさんまさん以来。

お芝居中のお客さんの反応を見る限りは、

あまり芝居観劇に馴れてない人が多かったような気もします。

笑うシーンでも、そんなに爆笑ということもなく、

ここ、笑いどころ?的な戸惑いも見受けられ。

千秋楽のサプライズ、開演前の注意事項等の場内アナウンス。

聞こえてきたのは、主演女優Coccoの声。

少し、照れ気味に一生懸命読み上げてました。


でも、Coccoさんは本当に女優だった。

つぶやくところ、声を張って怒鳴るところ、

そして、嬉しい気持ちを鼻歌で表すところ。

正直、Coccoさんの鼻歌聴いた瞬間、体中に何かが走りました。

妹さん役の演技も凄く良かったです。

そして、終盤の歌のシーン。

双眼鏡を持っていた(膝上に置いていた)のですが、

気が付いたら握りつぶしかねないくらいの力が手に。

色々とこみ上げるモノが。

歌が終わり、姉妹でバレエを踊るシーン。

静かな空間に、鼻をすする音があちこちで聞こえて。

あっという間の2時間、気が付けば、カーテンコール。

一回しか無かったんですが。

ウチはスタンディングオベーションしたんですけど…

周りも、一階席もほとんど立つ人居なかった。

えー?!なんで?なんで?

ちょっと残念だと思いながら、拍手を送っていたら、

出演者を紹介し終え、

最後1人舞台に残ったCoccoさんが客席に向かって何か叫んだ。

みんな、それに反応して拍手をやめた。

「サイン見つけた人ー!」
 
右や左を指さすも、あまりの反応の無さに、

「あれ?もっと居るはずだ!」
 「パンフレットにサイン見つけた人ー!」


客席がざわつく。「えっ?えっ?」
それを見て、いたずらっぽく笑いながら、

「後のお楽しみにー!」


と言って、舞台から去っていきました。
調べたけど、ありませんでした…サイン。

jizuze07.jpg

次、お会い出来るときは、

またいっぱい歌を聴かせてくださいね。

そして、劇団鹿殺し他、演者の皆様。

素敵なお芝居を見せて頂いてありがとうございました。

(ただ、劇団名が奈良県民にはちょとキツイ…)


プランC(初回限定盤A)プランC(初回限定盤A)
(2014/10/08)
Cocco

商品詳細を見る


 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。