FC2ブログ
密かに民生さんとCoccoさんのコラボを願っているアラフォーです。存在の耐えられない軽さ。ww
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レポ Golden Circle Vol.18@大阪城ホール days2
2014年01月11日 (土) | 編集 |
年越しレポ第五弾。いよいよラスト!

<Golden Circle Vol.18@大阪城ホール 11/14>

IMG_3265_ks.jpg

ちゃんとしたレポートはこちらでどうぞ。
MUSICMAN - NET 
Golden Circle大阪公演に新ユニット ミスターテラダレン現る


ゴールデンサークル二日目です。
昨日と内容が被る所がありますから、
そういうところは端折ります。
その辺の詳細は、一日目をどうぞ。

出演者:
 寺岡呼人/桜井和寿/奥田民生/八木のぶお
GCバンド:
 Dr:林久悦/Bass:林由恭/Gt:佐藤健治/Key:磯貝サイモン
GUEST PLAYER:K


いやしかし、コンナ事ってあるんですね。
今回のチケット、最速先行で取ったんですが。

tick.jpg
※クリックすると、より鮮明になります。

二日間全く同じ席。いや、びっくりしました。

昨日と同じ席と言うことで、探す時間も要らず。
でも、結局開場時間前に到着で、暗がりの中、
民生さんツアトラを求めて裏口へ
すでに闇の中のツアトラを必死で写メした。

IMG_3287.jpg

上手く撮れなかった。

昨日、大阪城ホールの喫煙場所から大阪城のライトアップ
綺麗だったとツレから聞いて、見に行ってみた。
ちょっと遠かったけど、青く輝いていた。

IMG_3280_ks.jpg

ちなみに前日はピンク色だったらしい。
それも見たかったな。教えてくれよ。

開演時間が近づき席に着く。
昨日と同じ眺め、幸せ。

昨日同様、海外旅行者の当選発表と
ロンブー・淳さんの手紙代読VTRの後、開演!

ステージ、GCバンドメンバー現れてそれぞれの位置で準備。
そして、御三家?登場!

★ミュージック/寺岡呼人+桜井和寿+奥田民生

♪忘れられぬ ミュージック! 本当にそうなりました。
 この三人のハーモニー、深く刻み込みました。

そして、桜井さんと民生さんはいったん退場。
昨日同様、自己紹介。

「千秋楽ですよ!みなさん!全部出し切りますからね!」
 「…個人的には“黄色い声”を待ってます!“ヨヒトーみたいな」
(笑)

お客さんから黄色い声が飛ぶ。声の方に向かって、

「ありがとー!今日はそこ中心でやるヨー!
 「昨日も来てくれてる人もいると思うんですが…」

はいウチも含めて、あちこちで手が上がる。

「あ、今野鳥の会が数えてます…50人くらいですかね?」(笑)
 「昨日、えらく長引いちゃって、反省会でもう今日はぎゅっと凝縮…」
「えーーー!」
「…しようと思ったんですが
  その反省会でえらい盛り上がっちゃって…
(笑)
 「ひょっとしたらとんでもない時間になるかも知れないので…」(拍手)
 「乗換案内で最終電車チェックしといてくださいね(笑)

そして、このGCを始めた動機。

「12年前から始めましたが、自分が丁度ミュージシャンとして
  中堅くらいになって。」
 「みんな毎年フェス行ってると思いますが、
  そういうのはその年に流行った音楽ばかりが流れてて。」
 「でも、自分の中では、音楽は昔の曲があって、
  今の音楽があると思うので」
 「音楽社会の“縦の繋がり”を表現したいなと思って
  この活動を始めました。」
 「それがまさか、12年も続くとは思っても居ませんでした。」
 「とても光栄です。」
(拍手)

次のゲストを呼ぶ前に、その方とのなれそめを
坦々と説明する呼人さん。(一日目参照)
そして、八木のぶおさん登場。
最初の印象が、小田和正さんが少し小さくなった感じの人だなって。
(失礼しました。)
二日目だからでしょうか?八木さんに声が飛ぶ

「八木さーん!」「のぶおさーん!」
 「のぶちゃーん!」「のぶくーん!」

「?!…

とまどう八木さんがかわいかった。

★Lawns/八木のぶお

「今回のゴールデンサークル、
  4日間毎回毎回演る事に演目が変わりまして。」
 「前の日の反省会で、明日はこうしよう、コレしたいという意見が
  出るたびに内容が変わっていくような日々なんですが。」
 「昨日の打ち上げで、桜井が
  “やっぱ大阪でもKくんの歌聴きたいなぁ…”と。」


Kさんにスポットライト。

「こ、こんばんは…

昨日同様、えっ?居たの?な空気。

「なに?このどよめき…イケメンてこと?」(笑)
 「さっきも縦の繋がりの話をしましたが、Kくんもハーモニカが大好きで。」
 「昨日の打ち上げで八木さんと凄い盛り上がってて。」
 「東京でもKくんに歌って貰ったんだけど、今日は八木さんと二人で
  また違うアレンジで大阪でお届けしたいと言うことで。」


ここで、Kさんの紹介。

「Kくんは、1人でも武道館いっぱいに出来るアーチストなんだけど、
  たまたま僕がプロデュースさせて頂いたこともあって、公私ともに
  仲良くしてるんですが。」
 「今回、僕のこのゴールデンサークルで、バンドで是非参加させて
  欲しいと言ってくれて。東京では一曲演奏してくれて。」
 「今日もその曲を演奏してくれるんですが」
 「彼は去年まで兵役に2年間行ってまして。帰ってきたとき、
  髪を短くした彼がとても凛々しくて、感動したんですが…」
 「今日までの日本の生活で、また俗っぽく染まっていって
  非常に残念で…
(笑)
 「今から演るのは、その兵役に行く前に一緒に作った曲です。」
 「それでは、Kくんから…」

「僕喋ると、話が長いらしいので短く喋ります…(笑)

この曲に対する思い、そして大阪城ホールでの思い出など
切々と語るKさん。
それにしても日本語上手いなーと感心して聞いてました。 
話し終えて、

「やっぱり、僕が話すと長いですね…」(笑)
 「以前、スタレビの根本要さんとご一緒させて頂いたときに、要さんに
  “Kくん、歌は良いけど話長いよねー”って言われまして…」

「要さんに言われたくないよね!(笑)

全く同じ事思ってました。

「て、いうかKくん日本語上手いよね~、本当は枚方出身?(笑)

なぜ枚方?

「いや、よく三重県出身?て聞かれます…

なぜ三重県?

★dear…/K

いや、お喋りもそうですが、本当に歌っても日本語が上手い。
この歌も歌詞もよくて、聴き入ってしまいました。

「Kくんはちょっと若い世代で、次は中堅の僕が歌わせて頂きます。」
 「この季節にぴったりの曲を。」


★オリオン座/寺岡呼人+八木のぶお
★スマイル/寺岡呼人+八木のぶお


「皆さんも一緒に歌って下さい!」
 「千秋楽ですよ!盛り上がりましょう!」


★ハローグッバイ/寺岡呼人+八木のぶお

オーディエンスとの合唱に

「ありがとう!人気者みたい!泣きそうです!(笑)
 「さっき後ろで民生君が、耳のあたりに管付けてずっと
  泣いてる様にしてれば?って。バレバレでしょ。
(笑)

次の曲について。

「三年前のアルバムで作った曲ですが。」
 「是非この曲を歌いたいと彼が言ってくれまして。」
 「東京で演った時、わざわざこの曲為のだけに、
  スーツを新調して歌ってくれました。」
 「とても素晴らしかったので、やっぱり大阪の人たちにも
  聴いて頂きたいと思い、リクエストしました。


桜井さん再び登場。スーツではなかったですが。
呼人さんに20thのお祝いの言葉の後、

「今日ね…凄い流れが良い!ここまでばっちり!
「よかったー。今日はダメ出し無いのね。」
「昨日はこの曲の時点で、裏で大反省会だった!」(笑)
 「次の曲はねー、ちょっとイヤラしい歌なんですーぅ!
「すぅーって!

昨日同様、オジサンとすっごい年下の彼女との恋愛を
つづった歌と説明。カトちゃんの名前を出して、

「加藤茶さんは、全ての男の“シンボル”ですから!(笑)

★マチルダ/寺岡呼人+ 桜井和寿

「今までのゴールデンサークルは、相談し合って何歌うかを
  決めたりしてたんですが、今回は僕のリクエストを中心に
  お願いしました。なかなか好評で嬉しいです。


選曲の打ち合わせを朝の爽やかな時間におしゃれなカフェで、
二人がパンケーキをシェアしながら決めたという話。

「曲何しよう?と言いながら、おじさん二人が朝から
  パンケーキの皿をカチャカチャ言わせて…」
(笑)
 「さっきのタイトルが“マチルダ”ていう人の名前で…」
 「人の名前のタイトルって難しいよね?

「そう…リアルすぎてもダメでしょ?」(笑)
「長渕さんの“順子”は、あれは架空の人なんですかね?

というと、おもむろに桜井さんが歌い出す。

「♪お~ぉ 順子~…」


客にあおられ、改めて最初から伴奏付きでさらに歌い出す。曲がとまり、

「何にも打ち合わせしてないのに…(笑)

こちらは打ち合わせしてたのか?突然呼人さんがフる。

「そういえば、街はクリスマスシーズンですよ。」
「そうそう、最近街でスタバとか行ったら、レジ前に
  クリスマスカードが置いてあるんですよ。」
 「せっかくのこの季節のゴールデンサークルなのに、
  なぜクリスマスソングを用意しなかったのかと後悔しまして。」


そしてGCバンドの演奏が…流れてきました。
この季節と言えば、アノ曲とばかりに。
おぼつかない感じもありましたが、
桜井さんが情緒たっぷりに歌い上げます。
山下達郎さんの「クリスマス・イブ」
しかし、途中で。二人の間で♪サイレンナーイ
後の歌詞に誤差が生じてました。

「すみませーん、探り探りで歌いました…
 「正解は二人とも知りません。

「あとでカラオケ行って確かめよう」(笑)

次の曲について。

「Mr.Childrenの曲で人の名前が付いた曲ですが。」
 「尾崎豊さんの“シェリー”と言う曲が大好きで。


客席から「歌ってー!」の声。
またまた“シェリー”を歌い上げる。
すぐにリクエストに応える桜井さん…てか、
本当に歌うの好きなんだナーと思う。
手拍子発生。

「手拍子とかするぅ?…

とか言いながらも歌い上げ、きりの良いところで、

「これくらいで良いでしょ?
「ミスチルの歌歌えなくなるから!(笑)
 「このダラダラした感じが、最終日ぽくていい!(笑)
「この“シェリー”みたいな曲が作りたくて。」
 「イントロが鳴ったら、“ワーッ”て言って下さい。
(笑)

★くるみ/寺岡呼人+ 桜井和寿

次の曲の説明。
昨日同様、時間のない中一日だけ三人で集まり
おしゃれなレストランの個室でギターを持ち込み、
打ち合わせをしたと。
そして、桜井さんがユニコーンの曲を演りたいと。
昔、ミスチルになる前のミスチル(笑)がオーディションに
出たときに、ユニコーンがゲストで。
その演目に衝撃を受けて、ミスチルは変わったと。
(詳しくは一日目を参照ください)

「ユニコーンは恩人なんですね?
「もう…恩人ですよ!
「多分この話を本人は…楽屋で飲んでて
  聞いてないとは思いますが。
(笑)
 「奥田民生に、“俺より俺に似てる、もう俺はあんな声は出ない”
  言わしめたほど完コピされてます!」

「原曲に忠実に歌います!」

★Maybe Blue/寺岡呼人+ 桜井和寿

二日目なので、昨日よりは冷静に聴いてましたが、
いや、歌いこんでるなーと思いましたよ。
良い歌だわー。(そっちか
MC行かずに次の曲。

★Tomorrow never knows/寺岡呼人+ 桜井和寿

そういえばこの曲が主題歌だったドラマ、
EBIさん出てたなーとか思い出しながら。
もう、生で聴く事なんて恐らく無いと思うので
刻み込みましたよ。

次の曲。
桜井さんとの出会いのなれそめを。
ジュンスカの頃に対バンで出会い、
呼人さんの桜井さんに対する最初の印象が、

「あのボーカル、白いリチャードギアみたい。」

という所から。(笑)
ソロで初めてツアーに出るとき、共通の友達に
“あの白いリチャードギア”に会いたい(笑)と
連絡を取ってもらったら、すぐ駆けつけてくれて。
一緒にツアー廻らない?て誘ったと。
その時のことは、桜井さんは覚えてない…と。(笑)
で、一緒にツアーを廻ってくれたんだけど、その時、
どうせなら一緒に曲を作ろうと言うことになって。
あれからもうかなり経つけど、未だにミスチルファンの間では
人気の曲だというのが凄く嬉しくて。
当時、大阪にもツアーで廻ってて、路上ライブが出来る
場所があって、そこでこの曲を演ったとか。
桜井さんはそのことはうっすら覚えてたらしく。

「当時、大阪のアムホールの打ち上げで、次の日に
  路上でやるというのを聞いてて、いいなぁ、俺も
  行きたいなぁって思ってたのは覚えてるの。」

「酷くない?演奏当日のこと覚えてないって。」(笑)
「多分、その後誘ってくれて一緒にやったと思うけど、
  その前の寂しい気持ちだけが記憶に残ってて。」
(笑)
「そんなこんなで、二十数年経ってこの大阪城ホールの
  中で演奏出来るなんて、なんて幸せなことでしょう!」

 
★星になれたら/寺岡呼人+ 桜井和寿

二人でバックスタンドの方へ向かいながら歌う。
バックスタンドは阿鼻叫喚(笑)
昨日同様、スタンドの前の方に客がなだれていく。
歌に集中したいのに、そっちも気になって
でも、本当にこの曲が大好きで。
二日連続で聴けて、本当に幸せでした

いったん桜井さんはココで退場。
昨日も今日も思ったけど、こんだけ桜井さんで盛り上がって
この後民生さんで大丈夫だろうか?と変な心配もしてまして。
でも、そんな心配は要りませんでした。(いろんな意味でね)

「先ほどは少し年下の友達で、今度は少し年上の友達を(笑)
 「昨日も言いましたが、広島人のぶっきらぼうな風体で、
  しかしそれとは裏腹に、とてつもない優しさを持っていて…
 「僕は男ですが…大好きな、大好きな
  ミュージシャンです!」


今日も言いました!ほんとに大好きなんですね。

 「彼を好きなミュージシャンは多分、同じ気持ちだと思うんですが、
  彼を呼びたい、一緒に演りたい、何かしら、
  彼に触れたくなっちゃうというか…」
 「あ、肌に触れたいとかじゃなくて…」
(笑)
 「彼の存在に触れたくなるというか…」
 「それではお待たせしました!奥田民生ー!」


わーっと客席も盛り上がるが…出てこない
しまいにゃ呼人さんが「た・み・お!」とコールを始める。
少し遅れて登場。

「どもどもっ!すみません、すみません!

あちこちに手を振りながら、軽いノリでご挨拶。

「あー!どもども~!初めまして!奥田民生ですっ!
  (後ろを振り返り)あ!後ろの人もどーもー!


呼人さんに。

「一曲目がおとといのようですよ!(笑)
「11曲挟んだからね。だいぶ飲めたでしょ?
「いや、それが…昨日の反省をふまえて…禁酒…」
「嘘つけ!
「いや…しかしねぇ、桜井が人気がある理由がわかったわ…(笑)
「例えば?」
「いやいや…今それ言っちゃうと、
  世の中桜井だらけになっちゃうから
(笑)
 「俺もね…“メイビーブルー”聴いてて、
  あの路線でやってればなぁ…って。」
(笑)
 「俺はどこから…こんな風になっちゃったんだろうって…(笑)
 「という事を考えながら、ゲームしてたんだけどね。

呼人さんをねぎらう場面も。

「いや、今日最終日だけど頑張ってるよね。
 「さっきの二人(呼人・桜井)を見てて…“ゆず”かと思ったもん(笑)
「俺まだ“メイビーブルー”路線だもん!」
「もう、“メイビーブルー”はあげたよ。」(笑)
 「時々、俺もユニコーンで“メイビーブルー”演らされてますけど。」(笑)
 「シモネタ…シモネタじゃねーや…」
「シモネタ?(笑)
「飛び道具として演らされてますけど。俺のは、俺に似てないもん。」
「じゃ、比べてみようか?

え?という感じの民生さん。
呼人さん、GCバンドに“メイビーブルー”の演奏を促す。
えー!本家が聴けるの~?とウチのテンションMAX!
しかし…

♪なぁみぃどぁ~~…」←永ちゃん?

コントの様な展開に、

「えーーー!?」
「俺の曲を俺かどうしようが勝手だろ~!(笑)
 「でも、今ちょっと歌うときに永ちゃんで行くつもりが、
  何故か大友さんもちょっと入った…
(笑)

お客さんはこのままでは収まらない。
アンコール?促す手拍子に、

「いやいやいや…もうあれはあげたから…」

しかし、再びGCバンド演奏開始
もう、歌わないなと思いながらも期待するのよね。
今度は…

♪なぁ~みぃ~だぁぁぁぁ…

と力のない声で。
お客さんは納得いかないままだったけど。

「(ブーイングに)あのね…このままだと終わらないから演ろう…
  俺はずっと裏で待ってたんだから…
(笑)

と、次の曲に行こうと民生さん。
しかしなんだか焦った様子で足下をカチャカチャと操作。

「歌詞が出ないの…(笑)

★風は西から/寺岡呼人+奥田民生

曲終わりに。

「“メイビーブルー”はこんなになっちゃいました…(笑)
 「昔はモテたのになぁ…」
「でもほら、(バックスタンド指して)かっこいいって!」
「え?(後ろを見て)お前ら後頭部しか見てないやないか!(笑)
 「…あ、でもまだ遠目だから大丈夫なのかも…

次の曲の話。

「さっきは桜井が民生君の曲を演りましたが、そのレストランで。」
 「民生君が“じゃ、俺もミスチル歌うよ”と!」

「おーー!」
「あのさぁ…レストラン、レストラン言うてるけど…
  今時レストランて!…」
(笑)
「じゃあ何?」
「…イタメシ屋?…レストランて…」
「いいじゃん!言うよ、今でも!
「えー?…あ、そお?…
 「…レストランなんか行ったっけ?と思ってさぁ…」
 「ま、いいか。それでね、ワインセラーのある良い個室取ってくれてて」
 「俺らがワイワイ騒ぎながらネタ作ってる所に従業員が
  他のお客のワインを取りに来るんですよ。」
 「入ってきて、笑いもせずに去っていくんですよ
  俺たちのネタ面白くないのかなぁって思ってさ。」

「入ってきたとき、丁度民生が永ちゃんで…」(笑)
「そうそう、“笑ってもいいんだぜぇ~”とか言っても…」 

と、永ちゃん風に言ったところで…

「アカン!永ちゃんは…
  お前らがつぶやくから大変なことになる…」
(笑)
「ま、そういうことで民生君が選んだミスチルの曲を…」
「これ、俺が選んだの?
「ちょっとまって、ついこないだの話だよ…
 「“じゃ、俺はコレを歌うよっ”て…」
「うん…そうだね…(笑)

★innocent world/寺岡呼人+奥田民生

思い返したら、ひと股でギターとリズムボックスくらいでは
よく他人のカバーをやりますが、ちゃんとバンドでフルで
カバーって珍しいのではないかしら。
今日も歌い上げてましたー、忠実に。
でも、二日間聴いていて、サビの♪流れてるメロディー♪の所、
聴き慣れないなと思って、家に帰ってきて原曲聴いたら、
やっぱりアレンジが少し違ってた。やっぱり民生節?
曲終わり、歌いきった?

ありがとうございましたぁ…←かなり力無い声(笑)

「本当はこんな曲じゃないのにゴメンねっ!」


ミスチルファンに気を遣う民生さん。優しさの固まり!(笑)

「高い声出てたね。」
「うん、俺、声高い。
 「クリスタルキングぐらいは出るよ!」
(笑)
 「クリスタルキングは4オクターブ出るって聞いて、
  へー、凄いなと思って、俺も計ったら4オクターブ出た!

「大都会…」

客の“歌ってー”の空気に…

「なんだっけ?…“♪うらぁぎりぃの~”…ね、出るでしょ?
(笑)
「俺らしかウケてないよ…
「だって俺、ゆずの…高い方…」
「高い方って…そろそろ名前覚えてあげてよ…
「…のオーディションに最後まで残った!」
 「ゆずの…オーディションて、あったの?(笑)

支離滅裂なMCに自ら、

 「ごめん、酔っぱらってるからしょうがないのよ…(笑)

確かに。ゆずといえばと呼人さん。

「今日、来たがってたよ。東京の打ち上げで誘ったら…」
「俺が居るから、来なかったんじゃないの?」
 「なんか避けられてる…(二人が)俺のライブに来るって噂あったけど…
  来なかった。
(笑)
「噂って言うか、聞いたよ!メールして“何月何日何してる”って送ったら
  “その日は民生さんのライブに行きます”って返ってきてたよ。」

「(寂しそうに)…来なかった…(笑)

突然民生さんが「寺岡呼人ー!」と叫ぶ。

「そのMCに困ったら、人の名前叫ぶとか…
「お客さんが困ってたから…(笑)

民生さんのソロライブでは、いつものことですが。
大抵「小原れーい!」と叫んでます。(笑)

「次の曲も僕のリクエストです。」 

★ヒゲとボイン/寺岡呼人+奥田民生

「では、いよいよ最後の曲です。」

昨日は“ヒゲボ”がラストでしたが、そういえば今日は
“名もなき詩”が無かったな。と思っていたら…

「昨日、演っていない曲を演りたいと思います。
 「バンドメンバーもさっきまで一生懸命練習してくれました。」
 「急遽決まったんですが…」


呼人さんが次の曲を一生懸命説明している隣で、

「う゛ぇ~~~~!」←永ちゃん風
「聞いてよ!(笑)
 「もう一度、この方を呼びたいと…
「う゛ぇ~~~~!」
「逆に声潰れない?…つぶやかれるぞ!(笑)

後で気づいたんですが、この曲のための発声練習だったようで。
桜井さん三度登場で、

「(民生さんに)良い感じで仕上がってるねぇ
「これでも、昨日よりは控えてるよ…

進行の話?お酒の話?三人揃ったところで、

「それでは最後にこの曲をお贈りします!ジーケン!」

最初“事件”って聞こえて、事件てなに?と思ったりして。
ジーケンさんへの合図だったのですが、次の瞬間、ウチには
事件が起こりました!聞き覚えのあるギターのフレーズと、
目の前にはハンドマイクの民生さん…わーーーー!これはっっ!

★大迷惑/寺岡呼人+奥田民生+桜井和寿

まさかの“大迷惑”!今度はウチが阿鼻叫喚(笑)
一番の桜井さんの入りに

桜井ー!!

の雄叫びとともに、会場全体が凄いことに。
しかも、この曲の時が一番最短距離で御三家を拝見出来ました。
サイドから、バックステージも全部見渡してくれました。
桜井さんが歌っているとき、こちらを見てスタンドを見渡していた民生さん。
せいっぱい、手をふりました。
桜井さんの“大迷惑”も貴重だし、
“メイビーブルー”ははぐらかしてたけど、
“大迷惑”は本気で歌ってくれた民生さん!
曲終盤、お互いの名前をコールするのですが、

「寺岡呼人ー!」
「奥田民生ー!」

そして、

「桜井和寿ー!」

自分でコールしてました。(笑)

桜井さん民生さん呼人さんは
あちこちに手を振りお辞儀しながら退場。
本編終了。
あー、疲れた。(笑)
“大迷惑”聴けた余韻冷めないまま、アンコールの手拍子
暫くして、DJさんのアナウンス。

「レディース&ジェントルマン!お待たせしました!」
 「今夜の大阪城ホール、もっとも愉快なトリオがやって来ました!」
 「ご紹介しましょう!ミスター・テラダレーーーン!」


昨日と同様、♪はーなーよめはー の音楽に乗って
ミスター・テラダレン登場。
三人お揃いのスーツに身を包み、まずはこちら、
次はあちらとステージを移動して、お客さんにご挨拶。
それぞれの定位置に着く。
今日も民生さんは二人と少し離れてました。
一日目と同じ進行で。

★ミスターテラダレンのテーマ。
★Tomorrow Never Knows → 招き猫ダック


ちょっと誰か1人ギター進行が怪しい人が

★さすらい → 招き猫ダック

挨拶の二曲が終わり、

「そりゃ、アンコールに降格するわけですよ…(笑)
 「昨日あの後、非難ごうごうですよ…
  アンコールでやっとけ!って」
(笑)
 「あ、改めまして、ミスター・テラダレンです…

桜井さんが半沢直樹の顔+寺田の決めポーズをするのを、
スクリーンで大写しするたびに、観客の歓声が。
それ見て民生さん、

「昨日、(半沢を)知ったんでしょ?
「そうそう…
「本番前にマネージャさんにスマホで(半沢の顔)
  探して貰って一生懸命練習してたよね。」

「うん。」
「俺たちの寺田の歴史が…結構やってきたのに、
  昨日知ったやつに…拍手を奪われてるって言う…
(笑)
 「でも、桜井はもともと(半沢に)似てるかも…?

嫉妬入ってきた民生さん?
負けずに顔をしかめるも、段々違う方向に…

「だんだん酷くなってない?そこまでしわ寄ってる?」
「でも、肌の艶は香川さんくらいだよ。」(笑)

仕切なおして。

「招き猫ダックのネタも、もう三年前のモノで…もう古いんで。」
「あの時は、どっかんどっかんでしたよ。」(笑)
「せっかく“ミスター(桜井)”も入ったことですし…」
「“ミスター・レン”がね。
「新ネタで勝負したいと思います!」
「昨日もやったけどねっっ!(笑)

★夢の中へ … ♪つらいよ~(女々しくて)→「三倍返しだ!」
★バンザイ →「バンザイ返しだ!」
★勝手にシンドバット →「恩返しだ!」


「この詩は…奥が深いよ…。
 「ラララ…つらいよ…
  桑田さんにもそんな時があったのかと。
(笑)
「かなりラテンな感じなのにね。」
「深い…まったく恩返しになってないし。(笑)
 「アカン!こんなんでは!」
「こんな僕等をお客さんは、立ちっぱなしで見てくれてるのに。」
 「ポールのライブ行って、立ちっぱなしの辛さわかるもん。」

「時間の長さでは、ポールに負けてないよ。」
「長さだけ?(笑)
「真面目に歌おう

★もしもピアノが弾けたなら →「池中弦太80倍返しだ!」

最後の決めセリフがバラバラ…。

「全然揃ってない…
「長いんだよ…(笑)
 「歌うからいけないんだよ!インストしよう!」
「インストね!」

★太陽にほえろ → 「ジーパン返しだ!」

「イカン!歌わないからいけないんだよ!
「どっちなんだよ…」
「歌詞を付けよう!
「これ(太陽にほえろのテーマ)に?!
「“つらいよ”の歌詞を…」
「??」

“太陽にほえろ”のインストの途中から、
♪女々しくて 女々しくて 女々しくて…と歌詞を入れて
最後は♪つらいよぉ~

「違う!(笑)
 「歌詞をくわえてはみたけど…違う…。(笑)
「昨日は演ってないからね。」

そして、レイバンのサングラス登場。
サングラス決まる桜井さんのスクリーンアップに
観客が喜ぶ。

「ワタクシがリスペクトする…浜田省吾さんの曲を…
「ここは、桜井のソロで行きましょう。

★悲しみは雪のように →「レイバン返しだ!」

♪誰もぉがぁ~ つらいよぉ~お~お~ ←メロディは浜省のまま。
あまりの短さにお客さんがブーイング

「お前ら、桜井ネタになったら“えーっ”とか言うんじゃない!」(笑)

それでも止まないブーイング。しかし、

「やめ、暗い曲ばっかり…
  あ!こんな事言ったら浜田さんに怒られる…
(笑)
 「ハイ、次!明るい歌を…

★会いたかった →「秋元返しだ!」

ただ、昨日と違って♪会いたかった~ の節で
♪女々しかった~女々しかった~女々しかった~Yes!♪と。

「今まで“女々しい”と言うフレーズをこんなに明るく
  歌い上げたことがあったでしょうか…

「ないね~
「しかも、“女々しかった”って過去形で…」
「♪女々しかった…“Yes!”ですよ」(笑)
「俺はコレが一番好きです…ベスト盤に入れたいくらい。(笑)
 「で…“つらいよー”は後輩の歌だから…
  リスペクト出来ない。」

「じゃ、とびきりのやつ行きましょうか?」

★愛は勝つ →♪ウルトラソウルッ!

昨日にもまして、のけぞる民生さん!
そして、“ウルトラソウッソウッソウッ”て感じにエコーがかかる。

「“ウルトラソウルッ!”にエコーかかってるよ。
「昨日はかかってなかった。進化してる!」

★夏色 →ウルトラソウルッ!
★恋しさとせつなさと心強さと →ウルトラソウルッ!


「ちなみに“ウルトラソウル!”は桜井のオハコ…」
「カラオケで朝までB’z歌うって言うね…」
「えーー!歌ってー!」

♪夢じゃない あれもこれも~♪と稲葉さんバリにシャウトしながら
「ultra soul」を歌い上げる桜井さん。しかし最後は…

♪つらいよ~ →「世界水泳返しだ!」

「これは割と、ちゃんとやった方だろ?(笑)
「みんな満足そうだよ。」
「桜井の魅力が出ただろ?」(拍手)
 「しかし、アンコール何時間演るつもりですか…(笑)
「いいよねー?(拍手)
「いや、世の中は進んでますよ…我々がよそ見してる間に…」
「“つらいよ”“ウルトラソウル”…そして…
  最後に凄いの出しましょう!」

「出しましょう…」

★それが大事 からの…
 ♪もったいないから、もったいないから、もったいないから… 
 ♪ウルトラソウルッッ!!!
←全力+もの凄いエコー(笑)

そして、再び♪ミスターテラダレンのテーマを歌って。
ショウタイム終了。

「またどこかでお会いしましょう!ミスターテラダレンでした!
 「フェスに呼んでくれ!


是非、他のフェスでもお願いしたい!
丁寧にお客さんに挨拶しながらいったん退場。
今日は「ひこうき雲」はありませんでした。
ちなみに一日目に流れた、呼人さんのベスト盤の
CM(通販風)もありませんでした。
アンコールの手拍子に答え、呼人さん+GCバンド登場。

メンバー紹介。
昨日と同じく、ベースとドラムは双子の兄弟。
民生さんに「途中で入れ替われば?と言われたとか。
ギターのジーケンさんは、ゆずのサポートをされてますと。
呼人さん曰く、この人なしではこのイベントは成り立たないという
キーボードの磯貝サイモンさん。
そして自分のツアー中なのに参加してくれて、
曲も全部覚えてくれて、歌まで披露してくれた素晴らしい
ピアニストのKさん。

GCメンバー紹介終わり、ステージに八木さんをお呼びして、
次に4日間付き合ってくれて感謝の言葉が見つからないという、
桜井さんも登場。

「さっき“星になれたら”と言う曲を聴いて貰いまして、
  その曲は桜井と一緒に作ったんですが。」
 「二十数年経って、一緒になる機会はたくさんありましたが、
  共作する機会というのはなかなか巡り会えない縁だと思うので、
  今回こういう機会を得てまた二人で新曲を作りました。」
 「(桜井さんに)最後だから曲紹介お願いします。」

「えっ…このゴールデンサークルの様に、僕等が受け継いだものを
  また違う人に受け渡していく…というような曲です。


★バトン/寺岡呼人+桜井和寿+八木のぶお

ゴールデンサークルのテーマ曲は「ミュージック」ですが、
この曲もメインテーマでも良いんではないかと思いました。
この2日間、呼人さんの曲を聴いていて。
ああ、この人はこんな暖かい詩と曲を書く人なんだなぁと。
他の色もあるかも知れませんが、呼人さんの色がわかるような
それぞれの楽曲でした。
八木さん退場。本当に感動するハーモニカでした。

「では最後に…半沢直樹を…」(笑)
 「いや、この方をお呼びしたいと思います!奥田民生!」

出てきた民生さん、一応半沢フェイスしてるつもり?

「グラサンかけてると、わけわかんないね…
 「一応、(半沢直樹を)やってるつもりなんだけど」
(笑)

「今日お集まりの皆さん、本当にありがとうございました!」
 「最後にこの曲をお贈りしたいと思います!」


★イージュー☆ライダー/寺岡呼人+桜井和寿+奥田民生

もう何十回と聞いたであろうこの曲も、
何十回聴いても飽きないし、楽しいし。
さすがにコレは桜井節には聞こえなかったけど。
民生さんの“ありがとーー!”も嬉しいし。
寺岡呼人ー!!”と二回絶叫しました。
曲終わって、最後挨拶しながらステージを廻るんですが、
なかなかの酔いっぷり?行くとこ行くとこで笑いが起こってました。
呼人さん残して、二人は退場。

「宴が終わろうとしております。ありがとうございました!」


この音楽活動の中で、ファンの人たちに今まで自分の気持ちを
ちゃんと伝えきれていない気がして、せっかくのこの20周年の
機会にそんな曲を作りたいなと思って、それが最後の曲ということで。
八木さんまたまた登場。
仮タイトルは“FAN”と付けていたけど、味気ないからウィキペディアで
調べたら、日本語で“ご贔屓”という意味だと。
なかなか味があるし、こんなタイトル付けてる人居ないと思って
今回はこのタイトルにしたとのこと。

「最後に聴いて下さい!“ご贔屓に”!」

★ご贔屓に/寺岡呼人+八木のぶお

最後の呼人さんの挨拶の時、
ウチらは駐車場の出る時間を考えて
泣く泣く会場を後に
最後のご挨拶聴けなくてごめんなさい。
アノ後、呼人さんは泣いたんでしょうか?

呼人さんの後日談はここで。
http://ameblo.jp/teraokayohito/entry-11694441523.html
民生さんが呼人さんに言った言葉にまたきゅんきゅんでございます。

いやしかし、今年のライブ納めとしては充分すぎる二日間で。
いろんな事がありすぎて、コンナ事になってしまいました。(笑)
これからもこんな機会がたくさんあったらいいのに。
呼人さんの素晴らしい“輪”に感謝して。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。
長文・駄文失礼致しました。
 

MASTER PIECEMASTER PIECE
()
寺岡呼人

商品詳細を見る


Golden CircleGolden Circle
(2010/10/20)
Golden Circle of Friends

商品詳細を見る


Mr.Children [(an imitation) blood orange]Tour [Blu-ray]Mr.Children [(an imitation) blood orange]Tour [Blu-ray]
(2013/12/18)
Mr.Children

商品詳細を見る


宮古島宮古島
(2013/06/12)
八木のぶお

商品詳細を見る


K-BESTK-BEST
(2010/12/01)
K

商品詳細を見る


O.T. Come Home(初回生産限定盤 )O.T. Come Home(初回生産限定盤 )
(2013/11/27)
奥田民生

商品詳細を見る

 
はー、終わった…。

 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。(^^)
えまりんさん、初めまして。ご訪問ありがとうございます。
こんなつたないレポを読んで頂いたうえに、喜んで頂いてうれしいです。
ウチも、今回のユニコーンのチケットは苦戦しているのですが、無事参戦出来れば、また頑張ってレポりたいと思います。
めちゃめちゃ時間かかりますが(^_^;)
その時はまた読んで頂ければ幸いです。
ではでは(^-^)/

2014/01/26(Sun) 18:54 | URL  | しげ #qDfdtOiE[ 編集]
すごいレポ見つけました!!
今日、行きたくても行けなかったGCのWOWOWのVTRをやっと手に入れて見ることが出来ました。
その時に気になった民生さんのイノセントワールドのアレンジが気になって検索したお陰でこんな濃密なレポに出会えることが出来て感動してます。

SPICEBOYSも行けなかった私にとって宝の山です\(^o^)/
今年のユニコーンツアーもまた行けないので、楽しみにしてます(*´ω`*)

ブックマーク登録させて下さいね~♡


2014/01/26(Sun) 17:25 | URL  | えまりん #P/yuRyQg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。