FC2ブログ
密かに民生さんとCoccoさんのコラボを願っているアラフォーです。存在の耐えられない軽さ。ww
The Verbs in 京都・磔磔 その2
2010年11月08日 (月) | 編集 |

アンド・ナウ・・・-スペシャル・エディション-アンド・ナウ・・・-スペシャル・エディション-
(2006/12/16)
ザ・ヴァーブス

商品詳細を見る


ここからは、記憶に残ってることをたらたら書きます。

ステージは原田さんブログのこんな感じ。

民生君のMCは全編通して「どすえ」と「じゃけん」の連呼。

スティーブさんが「じゃけん」がお気に入りで、繰り返す。

それに対して民生君が「昨日広島だったからね」

「京都だから、ここはどすえだよ」と返答。

するとスティーブさん、「DON'T SWEAT(どんすえっ)?」

と返してきたので

民「どすえ!」 S「どんすえっ?」と何回か掛け合い。

ミーガンさんも「ドンスエッ?! オー」と何故かテンション下がってた。

なんばと同様、The Verbsメンバーが喋るコトバ、歌う曲、申し訳ないけど

全然解りませんでした。ほんとウアホでございます。

民生君も全然通訳してくれないし…。

演奏は全体的に、最終日・しかも磔磔とあってか、なんばの時よりサービス満点だったような。

ギターソロもすっごいよく見えたのもあるけど、

ぎゅいんっっぎゅいんっっとすっごいかっちょいい!!

終始、飲み物を口にしてはスティーブさんを伺いながら喉を潤す民生君。

横にあるテーブルには、マグカップの他に、サッポロビール缶。

時々ギターかき鳴らしながら、客席ににじり寄る民生君。

半径2メートル以内。

こっちも勝手に身体がステージ寄りになる。

さて、今回のツアーのテッパンコーナー。

ソファーにご招待ですが、どこからともなく選ばれたカップル。

なんばでは、バンドのメンバーに囲まれていたが、ハコがハコ(磔磔)なので、

バンドより前位置にベンチ。

私の場所からは、ベンチは見えなかったけど。

真ん前にお客さん。どんな心境だったんだろ(笑)

もう一人スティーブさんが特別席を用意。

後ろの方から英語が堪能な女性をスティーブさんが選ぶ。

選ばれた人、英語で喜んでた「OH!」って。

スティーブさんとミーガンさんのあいだに特別席。

ゲスト三人にワインを手渡し、演奏。

興奮気味に、一人のゲスト客が、「広島から来ました!」といい、

「昨日広島も行きましたし、今日ここにも来ました」と言うと、

民生君が「昨日広島にいただけでしょ?広島県民じゃないでしょ?」

と、つれなくドSに返答。

ゲストコーナー終わって、ミーガンさん休憩。

まだまだ続きます。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
QLOOKアクセス解析