FC2ブログ
密かに民生さんとCoccoさんのコラボを願っているアラフォーです。存在の耐えられない軽さ。ww
The Verbs in 京都・磔磔
2010年11月07日 (日) | 編集 |

TripTrip
(2010/09/22)
ザ・ヴァーブス

商品詳細を見る


あれから一週間…。

10/29のなんばに続いて、京都の磔磔 in The Verbs 行ってきやした。

前々から行ってみたかったのー、磔磔。

ひとりカンタビレも行かれんかったし。

平安の宴の時に勉強したとおり、地下鉄までは順調に乗り継ぎできました

で、磔磔の公式サイトで予習してたとおり、四条駅の5番出口を出てすぐ左横の路地。

てくてくてくてく歩いていった。

狭い通りで、車も良く走るから慎重に歩く。

でも、前を歩いている人たちも、きっと同じ目的だろうと余裕。

しかし、引き返してくる人たちも多数。

まだ早いみたいだなー。でも、駅まで引き返すのもしんどいなー。

なんて思いながら、ゆっくり徒歩。

途中「奥田電機」なる看板を写メしているファンの方もいた。

結局開場20分前までは、ご近所迷惑とのことで、散らされる。

グッズを買い求めるフリして潜り込むも、やはり散らされる。

スタッフとファンのいたちごっこのあいだに、すでに6時20分。

渋々スタッフが駐車場の入場を緩和。

会場前。
takutaku.jpg

開場時間となり、慎重にチケットもぎり、ぼったくりワンコインドリンクをわしづかんで

せっせと会場入り。

私は30番台だったのだが、すでに前3列程埋まっている状態。

特に民生君寄りの右側から埋まってく。

そして、アーチストが通る左通路横側もすでに埋まっている。

もう、平地ではステージが見えにくい。(私の身長は148㎝)

客席の右の端にはちょっと段差があって(ベンチ?)そこに立ってもOKとのことで、

そこに立った。前から3人目となった。(スタッフから数えると4番目)

み、見える!よく見える!

Coccoちゃんの最前列でもこんなに近くなかったぞぉー。

ただ…

ちょい運の悪かったのが、私の前の人が背が高かった…。

視線の先は、前の人の肩胛骨…。

でも、身体を左に傾けると、よく見える。どうせもう動けないし…。

体制はまさに、ピサの斜塔。でも我慢、これで民生君が見られるなら。

もう会場はいっぱいいっぱいとなった頃。

照明が暗転して、メンバーが後ろ階段から現る。

ちなみに、本番直前のショットはこちらの田沼さんブログに。

一度マグカップを手に折り掛けた民生君。

客席は盛り上がる。しかし、また舞い戻る民生君。

再び民生君を先頭に、メンバーが降りてきてステージへ。

背中を丸め、どもどもって感じで、さっさとステージに走る民生君とは対象に、

客席に応えるThe Verbsのメンバー。

キター!半径3メートル以内の民生君は初めてー!!

本物だー本物だー、顔のしわ一つ一つが見えるー!

暴れたい気持ちだったけど、体制が体制なので動きにくい…。

なんばと一緒で、白シャツに黒のインナーとデニムパンツ。

スニーカーはadidasでは無かったなー。

ピノさんもよく見えるし、スティーブさんは足下は見えなかった。

ミーガンさんは、胸元以上しか見えなかった。

ここからは、日も経っているので、記憶が乏しいから、

ライヴの流れは無視して、印象に残った事を書き記します。

長くなるので次回。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
QLOOKアクセス解析