FC2ブログ
密かに民生さんとCoccoさんのコラボを願っているアラフォーです。存在の耐えられない軽さ。ww
The Verbs in なんばhatch
2010年11月02日 (火) | 編集 |

TripTrip
(2010/09/22)
ザ・ヴァーブス

商品詳細を見る

ちょっと日が経ったけど、ライブのこと。

久しぶりのなんば。なんばウォーク歩く。

日本橋から、JR難波駅前まで一周半。

あまり、変わってなかったかも。結構退屈だった。

実はその日、なんばウォークのイベントをやっていて、プレゼント貰おうと並ぼうとしたら、

私の前の人が「是で最後ですが…」と言われていた。

身体をくるっと半回転させて、素知らぬふり。バレバレだけど。


ひとりなんばは、あまり面白くないので開場そうそうになんばhatchへ。

階段やエスカレーターを何度も歩きながら、会館前にはこんな感じ。

verbs_20101101125752.jpg

この前で写メする人多数。

会場にはいると、早々にいつもながらのぼったくりワンコインドリンクを片手に、2階席へ。

たまたま隣に座った人に声を掛けられ、意気投合。

民生話に花が咲く。

1階はその時点では、1000人も入ってなかったかも。割と余裕。

おビールの匂いも漂ってくる中、ちらほら外人さんの姿もアリ。

でも、ほとんど民生目当てとわかる。

(どこかのブログには、ファン高齢化と書いてあった…)

前の方は、ソファー招待に当てて貰おうと、そわそわ。


暗転したところで、オープニングアクト・オカモトズ登場。

赤黒く染まるステージと、ボーカルのすざましいパフォーマンスに、

1階の人達戸惑いの色。

しかし、そこは空気を読んで、前の方はノリノリ。

オカモトズ、会場を温めんとばかりに、「Verbs」コールでパフォーマンス最高潮。

本日でVerbsのオープニングアクトも終了もあり、盛り上がりつつも4~5曲程で終了。

ちなみに、ご存じの方も多いと思いますが、ベースはダウンタウン浜田のご子息。

ドラムはTHE PRIVATESのギターボーカル延原さんのご子息。

私はどっちかというと、その昔「あっぱれさんま大先生」に出ていたレイジ君の印象が強い。

一目見た瞬間わかった。面影そのまま。


オカモトズ終了。しばらくセットチェンジ。

その間に、最前列当たりで係の人と客がもめていた。

何だったんだろうとおもっていたのですが。

他の方のブログを拝見してわかった。

どうやら、The verbs(というより民生)目当ての女性が

一列目に無理矢理割り込もうとしてその場の客とひともんちゃんあったみたい。

係員巻き込んで少しもめたらしい。

おかげで、かなりのインターバル。せっかくOKAMOTO’Sが暖めたのに。


しばらくしてThe Verbs入場。

パリッとした白いシャツにデニム(別注?)にグラサンの民生。

バックには、スクリーンに延々とロードムービー(早送り)。

二人がけのソファーを真ん中に、

向かって左から、ミーガンさん(Vo・G)・スティーブさん(D)・ピノさん(B)・民生くん(G)の順。

ボーカルがステージセンター向きながら歌う変わったスタイル。

ピノさんもずっと座って演奏。ベースを弾く指が長いっっ。

リストは…全然わかりません(^^:)洋楽苦手で。

民生君以外が喋ってるコトバも一切わかりません。

本当に、洋楽音痴でよくわかってないし、

前回のツアーでもそうだったんですが、ミーガンさんの声は私には子守歌…。

だので、集中してないとウトウトウト…。

だので、とりあえず民生君のギターに集中。

ミーガンさんは良く喋ってました。

ピノは寡黙。

民生君はいつものように「ふはは」とよく笑っていた。

とにかく、民生くんなりミーガンさんなり喋ってても関係なく

スティーブさんが、カウント始めて曲が始まる。

あわてる民生君。

途中、お客二人がセンターステージに誘われ、

ソファーに座ってワインを飲みながら曲を聴くという演出あり。

1階前列の人たちは必死に手を挙げアピールするものの、

もう決まっていたのかどこからともなくペアルックのカップル登場。

私の後ろの席からは、「なんや、仕込みか?!」という声も。

確かにどっから来たの?という感じだったけど。

「終わるまでにはワイン全部飲み干してね」と注文を付けるも、

自分のマグカップで二人と自ら乾杯する辺りはさすが民生君。

マグカップの中身はどうやらお酒らしい。

ギターソロの時は、二人の目の前で弾く弾く!

緊張もあってか、センターの二人は曲を聞く余裕がないのか、

恐縮ですると言わんばかりにタオルで汗を拭きまくってました。(笑)

結局ワインを飲み干せない二人に「全然飲んでないじゃないっすか」とフォロー。

いやいや羨ましい限りです。

この演出は、一部のブログやつぶやきで流れていたので、

期待していた人は相当いたはず。

前列の空気が冷ややかに思えたのは、私だけだろうか…。

ミーガンさん休憩で、民生くんのコーナー?へ。

スティーブが、「O・T・R・L!」と大きく叫ぶと、会場一緒に「O・T・R・L」コール。

また「ふはは」と照れ笑いしながらも、

◆わかります◆たびゆけばあたる◆ターボ意味なしの三曲を演奏。

民生ソロのコーラスはスティーブさんが担当。

次回の民生ソロツアーとはまた違うだろうから、貴重だ。

ターボの前には、「ほんとは2曲だけだったんすけど、

スティーブがもう一曲やれって言うんすよ。」とぼやいた。

久しぶりの「ターボ意味なし」やっぱかっこいい!

その後ミーガン復帰で、何曲か。

いったん終了。


アンコール。出てきて早々スティーブさんとミーガンさんがキスしながら、たたえ合う。

一曲演奏して、終了。

4人で肩抱き合い、一例。

なお、ピノさんのでかさがわかる。

そして、早々に舞台を去っていきました。

2階席は全部埋まって無くて、前の方が結構空席だったので、

わかってれば前の席に移動したかった。

チケット売れなかったんやろか。

思ったより、お客さんが大人しめだったような…。

関西だからか…。

ちなみに、他会場では民生君がMCの通訳をしていたみたいですが、

なんばではほとんどありませんでした…。



是を書いた後に、今日は京都・磔磔行ってきちまった。

最終日!まだ興奮冷めんぞー。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
QLOOKアクセス解析