FC2ブログ
密かに民生さんとCoccoさんのコラボを願っているアラフォーです。存在の耐えられない軽さ。ww
ふたり股旅
2009年11月17日 (火) | 編集 |
鉄人28号の記事にも書きましたが、

先日、神戸ウィンターランド(ライブハウス)で行われた

『ザ・対決』 木村充揮 神戸3DAYS SPECIAL
-ふたり股旅- 木村充揮 VS 奥田民生


に行ってきました。

少し早めに着いて、場所を確認の後、鉄人を見に行き、

三宮駅前のカレーラーメン屋でお腹を満たした後、

5時半くらいに現場に行くと、すでにチラホラ人だかり。

もの凄い坂の途中にあり、整理番号50番以降は隣の駐車場

(コインパーキング)で待機。

開場が少し早めに始まり、200番近くの私。

事前に聞いておけば良かったのに、座れる人は前から100番まで。

立ち見は覚悟してたけど、全然見えない

仕方がないので、一番後ろに待機。

とにかく凭れられる所が欲しかったので。

せっかく

082.jpg

コレ着て気合い入れていったんだけど(^^:)

諦めて、ラジオ聞いてる気分になろうとか。

いろいろ自分に言い聞かせて(笑)

一番後ろで、カーテンの後ろに隠れている積み上げられた椅子にもたれかかり、

ライブを堪能しました。

私の真横当たりに、PAがあり、ライブ関係者と見られる人たちが

右往左往、行ったり来たり、出たり入ったり忙しかったです。

どうせ、見えないので良かったのですが。

ふと、私の前に現れたふくよかで、白髪と髭と眼鏡のオジサン。

んー?どっかで見たような…。


あ、原田さんだ(^^:)


舞台の様子を写メで撮られていました。ちゃんとブログにアップされてました。

安齋肇さんもこられていたようですが、見かけなかったなぁ。

(気づかなかっただけかもしれんが)

原田さんのブログによると、セットリスト(予定)はこんな感じ。

list.jpg

しかし、木村さんのマイペースにただただ戸惑う民生君とお客達。

すでに、最初から「これ全部(曲)こなせないよ」と諦め宣言。

【民生ソロリスト。】
YESTRDAY
たったった
ギターを持った渡り鳥
スタンダード
MANY
雲海
さすらい


奈良の田舎から出てきているので、ツレの帰り時間の予定もあって、

間違いなく最後まで楽しめないなと諦めつつ、

なんとか「おそうじオバチャン」までは聞きました。

でも、このままだときっと、木村さんのペースで進むので、

何時に終わるかわからん…と泣く泣く現場を後にしました。

その後の曲も聴きたかったなぁ。(リストを見て改めて)

お姿も頭タオルくらいしか見えなかったけど、

間近にお声が聞けて良かったです。

ただ、

木村さんのペースは最後までつかめませんでした。

CAR SONGS OF THE YEARSCAR SONGS OF THE YEARS
(2001/01/11)
奥田民生井上陽水奥田民生

商品詳細を見る
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料
QLOOKアクセス解析